タカシマヤプラチナデビット、税金や公共料金などの支払いのポイントを半減

デビットカード

タカシマヤプラチナデビット、税金や公共料金などの支払いのポイントを半減

タカシマヤプラチナデビットでは、2022年4月1日(金)より、税金や公共料金などで獲得できるポイントを2%から1%に変更する。

各種税金、電気料金・ガス料金・水道料金などの公共料金、NHK受信料、寄付金・募金、国民年金保険料や国民健康保険料などが対象となり、従来は2%のタカシマヤポイントを獲得できていたが、2022年4月1日(金)より1%のポイントとなる。

  • 各種税金
  • ふるさと納税(代行業者などを含む)
  • 公共料金(電気料金・ガス料金・水道料金など)
  • NHK受信料(日本放送協会)
  • 寄付金、募金
  • 地方自治体、非営利団体などへの支払い
  • 公共施設の利用料金
  • 国民年金保険料、国民健康保険料

なお、2022年3月31日(木)までの取引でも2022年4月以降に売上データが到着した場合は変更後のポイントだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-デビットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース