北海道苫小牧市、税金などクレジットカード納付が可能に

クレジットカード

北海道苫小牧市、税金などクレジットカード納付が可能に

2021年3月29日

北海道苫小牧市では、2021年4月1日(木)11:00より、スマートフォンやタブレット端末からクレジットカードで税金や各種料金の支払いサービスを開始する。

インターネット上の専用サイトで納付書に印字されているコンビニ用バーコードをスマートフォンやタブレット端末でスキャンし、クレジットカード情報を入力することで納付可能となる。

対象は住民税(普通徴収)、固定資産税(土地家屋分)、固定資産税(償却資産分)、軽自動車税、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料、保育料、市営住宅使用料、市営住宅駐車場使用料、市営住宅熱供給施設使用料(山手町公住のみ)、個人負担修繕料となり、利用できるクレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Clubだ。

なお、クレジットカードでの納付にはシステム手数料が必要となり、1万円につき110円(税込)の手数料が発生する。2万円の納付の場合は220円、5万円の納付の場合は550円(税込)の手数料が必要だ。

コンビニ用バーコードのスキャンが必要となるため、バーコードが印字されていない30万円以上の納付書は利用できない。なお、口座振替を行っている場合、都度手続のクレジットカード納付を希望する場合は納税課まで連絡が必要だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース