栃木県宇都宮市で交通系ICカード「totra(トトラ)」サービス開始

電子マネー

栃木県宇都宮市で交通系ICカード「totra(トトラ)」サービス開始

栃木県宇都宮市では、2021年3月21日(日)より、交通系ICカード「totra(トトラ)」を開始した。

totraは、宇都宮地域をはじめ、栃木県内の関東自動車・ジェイアールバス関東・宇都宮ライトレールで利用する事ができ、乗るときや降りるときにタッチするだけで利用可能だ。また、Suicaマークのある店舗などで利用することもできるため、全国の鉄道・バスでも利用可能となる。

totraは「関東自動車」のすべての窓口と「ジェイアールバス関東」の宇都宮支店・西那須野支店で購入可能だ。販売額は1,000円、2,000円、3,000円、4,000円、5,000円の5種類となり、購入時にはデポジットとして500円が別途必要。

totraのチャージ残高で関東自動車・ジェイアールバス関東(宇都宮支店・西那須野支店管内)の一般路線バスを利用すると、利用区間の運賃に応じて2%分のポイントが貯まる。貯まったポイントは区間運賃と同額まで達した場合に自動的に差し引かれる。

また、JR東日本が提供するJRE POINTサービスにも登録することが可能だ。事前にJRE POINTのwebサイトでtotraを登録し、登録したSuicaでポイントが貯まる店舗でtotraを利用するとJRE POINTも貯められる。貯まったJRE POINTはtotraにチャージする事ができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-電子マネー
-, , , , ,

© 2024 ポイ探ニュース