ネットショップ作成サービスのBASEでAmazon Payの利用が可能に

クレジットカード

ネットショップ作成サービスのBASEでAmazon Payの利用が可能に

ネットショップ作成サービスのBASEは、2021年3月3日(水)より、Amazonが提供するID決済サービス「Amazon Pay」の取り扱いを開始した。

BASEは130万ショップが利用しているネットショップ作成サービスだ。初期費用は無料で、月額費用などの固定プランもなく、商品が売れたときの手数料が発生するシステムとなる。商品が売れるまでは無料で利用することが可能だ。

BASE加盟店では、「BASEかんたん決済」を利用する事ができ、加盟店はクレジットカードやコンビニ決済、Pay-easy、銀行振込、後払い決済、キャリア決済、PayPal決済を導入する事ができ、新たにAmazon Payに対応した。

Amazon Payは、Amazonアカウントに登録されている住所情報と支払い情報を利用して、Amazon.co.jp以外のサイトで支払う事ができるサービスだ。Amazon Payが導入されているECサイトで、新たに名前や住所、クレジットカード番号などを入力せずに買い物する事ができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース