大丸松坂屋カードはVisaブランドのみに Mastercardブランドを新デザインに切り替えてみた!

クレジットカード特集 コラム ゴールドカード

大丸松坂屋カードはVisaブランドのみに Mastercardブランドを新デザインに切り替えてみた!

2021年1月16日(土)に大丸松坂屋カードがリニューアルした。リニューアルについては詳しく紹介したのだが、リニューアル後のサイトを見ていると気になることがあった。

大丸松坂屋カード<ゴールド>が到着! 2021年1月以降の変更点とは?
大丸松坂屋カード<ゴールド>が到着! 2021年1月以降のリニューアルポイントとは?

目次1 年会費がアップ 年会費優遇も終了2 QIRAポイントが開始3 カードデザインが変更 Visaはクイックリード・タッチ決済に対応4 ゴールドの場合は年間150万円(税込)以上利用でボーナスポイン ...

続きを見る

カードの申し込みボタンをクリックするとVisaブランドの申し込みページとなる。詳細ページを見ると、「Visa・Mastercard加盟店で利用した場合」など、Mastercardについても書かれているが、申し込みボタンはVisaブランドのページのみだ。

リニューアルした大丸松坂屋カードはVisaブランドのみ

リニューアルした大丸松坂屋カードはVisaブランドのみ

FAQを確認したところ、「現在新規カードのご入会はVisaのみとなります」とあるように、リニューアル後はVisaブランドのみとなっているようだ。

リニューアル後の大丸松坂屋カードはVisaブランドのみ

リニューアル後の大丸松坂屋カードはVisaブランドのみ

筆者は、あまり考えていなかったのだが、松坂屋カード<ゴールド>を申し込んだ時に、たまたまMastercardブランドで申し込んでいるため、公開されていないMastercardブランドの新デザインカードに切り替えることができる。早速、カード裏面にカードデスクに電話してデザイン変更を依頼したところ1週間~10日程度で送られるとのことだ。

早速、新しい券面の大丸松坂屋カード<ゴールド>が到着。Mastercard券面も縦型になっているが、「Visaクイックリード」デザインではなく、2列にカード番号が表示されたデザインが採用されている。

大丸松坂屋カード<ゴールド>の新デザインと旧デザイン

大丸松坂屋カード<ゴールド>の新デザインと旧デザイン

国際ブランドのロゴは上、名前、有効期限、ICチップの場所はVisaブランドと全く同じだ。カード番号が4列になっている(Visaブランド)か、2列(Mastercardブランド)になっているかの違いとVisaブランドの場合はVisaのタッチ決済が搭載されている点が異なる。

大丸松坂屋カードのVisaブランドとMastercardブランドの違い

大丸松坂屋カードのVisaブランドとMastercardブランドの違い

なお、上記でも書いた通り、現時点ではMastercardブランドを申し込むことができないため、新規申し込みの場合はVisaブランドで申し込もう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, ゴールドカード
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース