SBI証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」と資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」を開始

クレジットカード

SBI証券と三井住友カード、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」と資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」を開始

SBI証券と三井住友カードは、2021年6月30日(水)より、クレジットカードで投資信託が買える「投信積立サービス」と資産運用でポイントが貯まる「Vポイントサービス」を開始すると発表した。

SBI証券の「投信積立サービス」では、1ヵ月5万円を上限として、三井住友カードが発行するクレジットカードで決済が可能となり、決済金額の0.5%をVポイントとして獲得することが可能だ。クレジットカードによる投信積立は、証券口座への入金が不要となり、クレジットカードの決済金額に対してもVポイントが貯まるため、現金による投信積立よりおトクに積み立て投資できる。

また、金融商品仲介サービスにより、三井住友カード経由で口座開設を行うと、SBI証券での国内株式などの買付金額や投資信託の保有残高に対してVポイントを獲得できるサービスも開始する。毎月のカード利用金額に応じて付与されるVポイントに加え、SBI証券での取引状況に応じてもVポイントを獲得できるようになり、Vポイントが貯まりやすくなる。

今後は、三井住友カードのVpassアプリ上でのSBI証券総合口座情報の表示やVポイントを1ポイント=1円としてSBI証券の投資信託の買付に利用できる「Vポイント投資」を開始する予定だ。

2021年2月8日(月)~4月30日(金)まで、三井住友カードの新規入会とカード利用でVポイントを獲得できるキャンペーンも実施する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース