コラム 共通ポイント

Rポイントカード事業部の担当者を唸らせた質問とは?

ようやくRポイントカードが開始され、早速サークルKサンクスで買い物してきた。サークルKサンクスにはケータイ1台あれば良い。支払い方法は電子マネー、Rポイントカードはアプリで対応できるからだ。

サークルKサンクスの+K会員限定ボーナスポイント買い物時にPOPを見ると「+K会員限定」のボーナスポイントを見つけた。筆者は既に+K会員となっているが、このアプリのRポイントカード番号は登録した覚えがない。そもそも、アプリのRポイントカードのバーコードは、セキュリティのため起動する度に番号が変わる仕組みになっているはずだ。

要するに、サークルKサンクスで+K会員限定のボーナスポイントを獲得するには、Rポイントカード アプリではなく、実物のRポイントカードが必要なのか、アプリを使う場合は、毎回+K会員にバーコードの登録が必要なのかを確認することにした。

まず、サークルKサンクスのサイトにアクセスするがメディアでの紹介の影響かパンク状態。そこで、楽天のRポイントカード事業部に直接確認した所、確認させて下さいと担当者も即答できない質問だ。

回答は、一度表示されたバーコードを+K会員に登録して下さい、との事だった。以降バーコードが変わってもその端末のバーコードはその人を特定できるようになっている。特定の処理でバーコード自体は変更されるが、処理前の情報は同じ会員と特定できるため、最初に表示されたバーコードを+K会員に登録すればサークルKサンクスの+K会員限定ボーナスポイントは獲得できるようになる。

Rポイントカード アプリで、サークルKサンクスを利用したい場合は、Rポイントカード アプリを起動した後、どのタイミングでも良いためバーコードを+K会員に登録しよう。そうすると、通常のプラスチックのRポイントカードは不要となる。

+K会員ページにアクセスできるようになったため、実際の処理を行うと、「Rポイントカードアプリ バーコード」という欄が用意されている。こちらに16桁のアプリで表示されているバーコードを入力することになる。ただし、アプリの場合のみパスワード登録画面となるため、テキストエディタなどに入力後、コピーして貼り付けたほうが良いだろう。

+K会員でRポイントカード アプリを登録する場合

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, ,

© 2021 ポイ探ニュース