栃木県宇都宮市、地域連携ICカード「totra」を開始 バスカードは終了に

電子マネー

栃木県宇都宮市、地域連携ICカード「totra」を開始 バスカードは終了に

栃木県宇都宮市では、2021年3月下旬より地域連携ICカード「totra」のサービスを開始する。

地域連携ICカードはバスの定期券や運賃支払いなどの地域独自のサービスと、Suica・Suicaと相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaのサービスが1枚で利用可能になるサービスだ。

新たに発行する「totra(トトラ)」は宇都宮のバスやLTR(次世代型路面電車システム)で利用でき、Suicaが利用できる鉄道やSuicaマークのあるコンビニ・飲食店などでも利用する事ができる。公共交通利用時のポイントサービスや上限運賃制度など、地域独自サービスも検討されている。

なお、totra開始に伴い、2021年1月4日(月)よりバスカードの利用が終了する。「いきいき70バスカード」「バスカード」利用中の場合、1月5日(火)以降に払戻や回数乗車券などへの交換手続が必要となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース