中野周辺以外でもEPOS Payの利用が可能に ローソンで使ってみた!

QRコード・バーコード コラム

中野周辺以外のユーザーでもEPOS Payの利用が可能に ローソンで使ってみた!

2020年12月24日

2018年11月2日(金)より開始した、エポスカードのコード決済サービス「EPOS Pay」。東京都中野エリアでしか利用できなく一度も使ったことがなかった。

エポスカードのEPOS Payを使おうと思ったらメニューがない! EPOS Payはどうやって使うの?

中野に行く用事はないが、とりあえず中野に行って、EPOS Payを使おうかと考えた。 アプリを最新版にして、ログインしても「EPOS Pay」が見当たらない。「EPOS Payの使い方」ページには、「 ...

続きを見る

なお、2020年12月23日(水)にエポスカードのアプリを起動すると、タイル状になっているメニューが全部埋まっている。一番右に「EPOS Pay」が追加されており、対象者が拡大されたようだ。

エポスカードのアプリに「EPOS Pay」が追加

エポスカードのアプリに「EPOS Pay」が追加

タップすると、「ようこそ! EPOS Payへ」と表示があるため登録してみる。登録するにはSMSでの認証コードが必要だ。認証後は、1万円(税込)以上の本人確認方法の選択画面となるため、「端末のロック解除を使う」「エポスカードの暗証番号を使う」のどちらかを選ぼう。すぐにEPOS Payを使う事が可能だ。

EPOS Payの支払い画面

EPOS Payの支払い画面

EPOS Payの使える店舗はマルイやモディ、中野エリアとなるが、JCBのSmart Code加盟店で利用する事が可能だ。Smart Codeはローソンで導入されているため、早速ローソンに行くことに。ローソンで「EPOS Payで」と伝えて画面を提示してバーコードを読み取ってもらう。正常に支払いが完了した。

ローソンでEPOS Payでの支払いが完了

ローソンでEPOS Payでの支払いが完了

レシートを見ると「EPOS Pay」ではなく「Smart Code」とある。

EPOS Payを利用するとSmart Codeと表示

EPOS Payを利用するとSmart Codeと表示

全国的に利用できるようになったのかは不明だが、EPOS Payを使う事で200円(税込)につき1エポスポイントを貯める事ができる。エポスポイントを1ポイント=1円として利用する事もでき、エポスViasプリペイドカードにチャージせずに利用できるようになったのがEPOS Payのメリットだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-QRコード・バーコード, コラム
-, , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース