三井住友カード、2021年4月以降にVポイントの交換レートなどを変更・終了

クレジットカード

三井住友カード、2021年4月以降にVポイントの交換レートなどを変更・交換終了サービスも

三井住友カードは、2021年4月以降、クレジットカードの利用で貯まるVポイントの交換レートなどを変更する。

Gポイント、WAONポイント、ベルメゾン・ポイント、カテエネポイントについては、1 Vポイント=0.8ポイントへの交換となり、従来の1 Vポイント=1ポイントの等価交換からレートがダウン。PeXポイント、RealPay、PiTaPaショップdeポイントは1 Vポイント=8ポイント(従来は10ポイント)と交換レートがダウンする。

Amazonギフト券、App Store & iTunesギフトカードも1 Vポイント=0.8円分、ANAカード以外の場合のANAマイレージ、フライングブルーマイレージ、ブリティッシュ・エアウェイズエグゼクティブクラブAviosは1 Vポイント=0.5マイルと、従来の1 Vポイント=0.6マイルから同じくダウン。

VJAギフトカードについては、5,000円分が5,000 Vポイントで交換できたが、5,500 Vポイント、10,000円分が10,000 Vポイントだったが10,500 Vポイント必要となるなど、全て500ポイント上乗せとなる。

なお、ミッレミリアマイレージ、プレミアム万代 プレミアムポイントへのポイント交換は2021年3月末で終了する。

ポイント交換についてはレートダウンするが、2021年3月以降「<新>キャッシュバック」が開始となり、1 Vポイント=1円としてキャッシュバックとして支払金額に充当できるサービスが開始する予定だ。

三井住友カードのキャッシュバックサービスがリニューアル! 1ポイント=1円でキャッシュバック可能に!

三井住友カードの進化が止まらない。2021年3月1日(月)にVポイント交換景品の「iDバリュー」と「キャッシュバック」が統合し、「<新>キャッシュバック」サービスが開始する。これは意外と便利なサービス ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース