LINEショッピング、ショップ販売員によるコーディネート提案機能を追加

ポイントプログラム

LINEショッピング、ショップ販売員によるコーディネート提案機能を追加

LINEショッピングでは、2020年12月16日(水)より、バニッシュ・スタンダードが運営する実店舗の販売スタッフをオムニチャネル化する”スタッフテック”アプリケーションサービス「STAFF START」との連携を開始した。

新たにLINEショッピング上にコーディネートチャネル「SNAP!」を設け、「IENA」や「JOURNAL STANDARD」を始めとしたベイクルーズグループブランド、「CIAOPANIC」や「WEGO」など、合計50ブランド以上のショップ販売員のコーディネ―トを閲覧・購入する事が可能となった。また、「SNAP!」のコーディネート掲載経由での購入金額の一部が、該当のショップ販売員に還元する取り組みも開始した。

LINEショッピングは、ファッションや雑貨をはじめ、スポーツ・インテリア・家電・コスメなど、LINEアプリ上で手軽に検索・比較・購入できる総合ショッピングサイトとなる。商品の購入金額に応じて、各ショップのポイントに加えて、LINEポイントを獲得でき、貯まったLINEポイントは1ポイント=1円としてLINE Payでの決済やLINEスタンプの購入などに利用可能だ。

「SNAP!」の対応ブランドは、「Spick & Span」や「JOURNAL STANDARD」を始めとしたベイクルーズグループブランド、「CIAOPANIC」「earth music&ecology」など、合計50ブランド以上が参画。また、バニッシュ・スタンダードのスタッフを支援するプロジェクト(STAFF YELL PROJECT)に賛同し、掲載されているコーディネート経由で、商品購入された金額の一部を、コーディネート掲載した該当のショップ販売員に還元する取り組みも実施する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース