大阪府庁の窓口でクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を導入

QRコード・バーコード クレジットカード 電子マネー

大阪府庁の窓口でクレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済を導入

大阪府庁では、2020年12月22日(火)より、クレジットカードや電子マネー、スマートフォン決済による支払方法を追加する。

クレジットカードはVisa、Mastercard、電子マネーはICOCAやSuica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけんの交通系ICカードが利用でき、PiTaPaは利用できない。コード決済サービスはLINE PayとPayPayの利用が可能だ。コード決済サービスについては2021年3月末までとなり、4月以降は改めて指定代理納付者の選定が行われる。

大阪府庁本館、府庁別館、咲洲庁舎の手数料納付窓口における行政事務手数料の支払いが対象だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, クレジットカード, 電子マネー
-

© 2022 ポイ探ニュース