アプリでクレジットカードを一時停止できるクレジットカードが便利!

クレジットカード特集 コラム

アプリやネットでクレジットカードを一時停止できるクレジットカードが便利! 一時停止って何?

クレジットカードが見当たらない - 筆者も何度か経験しているが、クレジットカードが見当たらないとまずはクレジットカード会社に電話して止めてもらう必要がある。電話をすると最終利用状況などから不正利用がないかを確認する事が可能だ。

カードの一時停止と停止の違い

最近ではプリペイドカードでは一時停止機能が付いている物が増えてきているが、クレジットカードでも一時停止できるカードも増えてきた。

通常、クレジットカードで紛失や盗難があった場合、カード会社に紛失や盗難の連絡を行う。基本的には電話受付だ。この場合、カード自体の停止となるため、もしクレジットカードが見つかった場合でもそのカードの利用はできなくなる。

一方、一時停止の場合はカードを一時的に利用できなくするだけで、もしクレジットカードが見つかった場合は、そのカードを解除後はそのカードを利用する事が可能だ。

この、一時停止機能があるクレジットカードの場合、最近はアプリで停止・解除する事ができるようになってきている。

特に一時停止の場合はカード番号の変更も無く、固定費の引き落としなどを全て変更する必要がないことがメリットだ。

アメリカン・エキスプレス・カード:カードの一時停止

アメリカン・エキスプレスが発行するクレジットカードでは、アプリから「メニュー」を選択し、「カードの一時利用停止と一時利用停止の解除」メニューをタップ。

アメックスのアプリ

アメックスのアプリ

「カードの一時利用停止」をオンにするとカードを一時的に停止することが可能だ。

アメックスのアプリでカードを一時停止

アメックスのアプリでカードを一時停止

なお、カードを一時停止しても定期的な支払いは止まらない。また、オンライン決済も利用できる場合もある。

セゾンカード:カード一時停止

セゾンカードもアプリやネットから一時停止することが可能だ。セゾンPortalアプリを立ち上げ、左上のカードマークをタップするとメニューが表示される。外部サイトにログインの「Netアンサー」をタップ。

セゾンPortalのメニュー

セゾンPortalのメニュー

ネットアンサーに自動的にログインするため、右上のメニューボタンをタップし、スクロール後、「セキュリティ関連」の「+」をタップ。「カード一時停止・解除」のメニューが表示される。

Netアンサーでのカード一時停止メニュー

Netアンサーでのカード一時停止メニュー

カード一時停止サービスについて説明がある。セゾンカードやUCカードの場合は、申込から24時間カードが一時停止される。もちろん24時間前に明示的に「解除」を行うとその時点で解除する事が可能だ。スクロール後「サービス内容と注意事項を確認して、申し込む場合はチェックしてください」にチェックを入れ、『「カード一時停止・解除」お申し込みはこちら』ボタンをタップする。なお、一時停止するカードは「ログインカード」となるため、「ログインカード」も念のため確認しておこう。

Netアンサーでのカード一時停止確認画面

Netアンサーでのカード一時停止確認画面

最後に「一時停止」ボタンをタップして一時停止する。

Netアンサーでのカード一時停止

Netアンサーでのカード一時停止

三井住友カード:あんしん利用制限サービス

三井住友カードもアプリから簡単に停止することができる。三井住友カードが便利なところは、家族カードも停止可能。さらに、海外利用を停止したりネットショッピングを停止したり、細かく設定できる。

Vpassアプリを立ち上げ、右下の「メニュー」から「サポート」をタップ。

Vpassアプリでのメニュー

Vpassアプリでのメニュー

「あんしん利用制限サービス」をタップする。

Vpassのあんしん利用制限サービス

Vpassのあんしん利用制限サービス

あんしん利用制限サービスの簡単な案内が表示されるため、スクロールして「お申し込みはこちら」をタップ。『「あんしん利用制限サービス」設定変更』画面が表示されるため「変更する」ボタンをタップ。

Vpassであんしん利用制限サービスを申し込む

Vpassであんしん利用制限サービスを申し込む

「あんしん利用制限サービス」を「設定する」に変更、本会員や家族会員毎に制限をかけるかどうかを指定する。「制限有無」を「設定する」に変更し、「すべての利用」を「制限する」にする事でカードを一時停止することができる。

Vpassでのあんしん利用制限サービスを個別設定

Vpassでのあんしん利用制限サービスを個別設定

なお、「すべての利用」を「制限内容を指定する」にチェックを入れ、「ネットショッピング」や「海外店舗」を「制限する」にすると、ネットショッピングや海外店舗だけを制限することも可能だ。例えば、両親の家族カードを発行した場合、ネットショッピングだけを「制限する」などという使い方もできる。

以上、3つのクレジットカードを紹介したが、一時停止機能自体を提供していないカード会社も多いため、セキュリティが不安という場合は、このようなカード会社を選ぶのも良いだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース