Kyash、年利1%の「残高利息」の提供を開始 銀行口座やセブン銀行ATMなどでの入金が対象

プリペイドカード

Kyash、年利1%の「残高利息」の提供を開始 クレジットカードなどを利用した支払については改悪

Kyashは、2020年12月8日(火)より、銀行口座などから入金した残高に対して、年利1%のKyashバリューを付与する「残高利息」サービスを開始すると発表した。

前月1回以上の決済を行い、銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニ、ペイジーから入金された残高に対して年利1%のKyashバリューが毎月付与される仕組みだ。2020年12月は「前月1回以上の決済をしていること」の条件が不要で、本人確認アカウント保有者であれば誰でも対象となる。

毎月1日に前月の「残高利息」が付与される。残高利息分は現金引き出しできない残高だ。

また、2020年12月11日(金)より、決済によるポイント還元上限が変更となる。従来はKyash Cardでは月1,200ポイント、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualでは月600ポイントだったが、登録カードなどで入金した残高での決済については、Kyash Cardで500ポイント、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualで250ポイントとなる。

還元率 変更前 変更後
Kyash Card 1.0% 1,200ポイント/月 登録カードなどで入金した残高による決済は500ポイント/月、合計1,200ポイント/月
Kyash Card Lite、Kyash Card Virtual 0.5% 600ポイント/月 登録カードなどで入金した残高での決済は250ポイント/月、合計600ポイント/月

クレジットカードやデビットカードを登録して支払っている場合は、5万円までの利用で上限となるため、大幅に使いにくくなる。Kyash CardやKyash Card Liteなどで5万円以上利用する場合は、銀行口座などからチャージして利用する必要がある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-プリペイドカード
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース