楽天ペイ(アプリ決済)の楽天ポイントカード利用時にポイント不足でも支払う事ができるサービスが開始

QRコード・バーコード ポイントプログラム

楽天ペイ(アプリ決済)の楽天ポイントカード利用時にポイント不足でも支払う事ができるサービスが開始

楽天ペイ(アプリ決済)では、2020年11月30日(月)より、楽天ポイントカード機能で決済する際にポイント残高を気にせずスムーズに支払う事ができるサービス「ポイント払い 瞬間チャージ」を開始した。

ポイントが不足している場合、ポイントでの支払と不足分の金額の決済を別々に行う必要があったが、ポイント残高不足時も「楽天ペイ」アプリ上のポイントカード機能1つでの決済1回で支払う事ができる。

「瞬間チャージ」を設定ししていると、設定したチャージ額を楽天キャッシュにチャージして支払う事ができる。なお、楽天カードから楽天キャッシュへのチャージ時には0.5%の楽天ポイントを貯めることも可能だ。あまっている楽天キャッシュは、楽天ペイ(アプリ決済)のコード決済サービス時に「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックをつけるか、楽天ポイントカードの優先利用を「楽天キャッシュ+瞬間チャージ」にする事で利用する事が可能だ。

なお、「ポイント払い 瞬間チャージ」は楽天ペイ(アプリ決済)での利用のみとなり、楽天ポイントカードアプリなどでは利用することができない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, ポイントプログラム
-, , ,

© 2021 ポイ探ニュース