戸越銀座商店街で利用可能なデジタル地域通貨「戸越銀座ポイント」の実証実験を開始

QRコード・バーコード

戸越銀座商店街で利用可能なデジタル地域通貨「戸越銀座ポイント」の実証実験を開始

戸越銀座商店街では、2020年11月20日(土)と21日(日)の2日間で商店街や周辺地域の活性化、地域住民の利便性向上および今後の新しい生活様式への対応を目的に、戸越銀座ポイントの導入に向けた実証実験を行った。

戸越銀座ポイントは、戸越銀座商店街のみで利用可能なデジタル地域通貨となり、スマートフォンで動作るwebアプリケーションを通じて、商店街にある飲食店などの各店舗での支払などが可能となる。また、商店街で利用可能なクーポン券の発行や来店ポイントの付与、地域貢献に寄与した遠隔地の会員へのポイント付与などもできる。

実証実験は戸越銀座商店街内の14店舗が対象となり、事前に募集した100名のモニターが参加。モニターは事前利用登録を行い、戸越銀座ポイントの加盟店でのチャージや支払いを行った。戸越銀座ポイントの利用範囲を戸越銀座商店街に限定することで、地元の金融機関とも連携した地域内での経済循環が可能になるほか、利用客の購買履歴などのデータを収集・活用することで、新たな集客・販促施策への活用を予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-,

© 2021 ポイ探ニュース