京都丹後鉄道、Visaのタッチ決済での距離別製運賃の支払いに対応

クレジットカード デビットカード プリペイドカード

京都丹後鉄道、Visaのタッチ決済での距離別製運賃の支払いに対応

京都丹後鉄道では、2020年11月25日(水)より、Visaのタッチ決済での料金支払に対応する。

Visaのタッチ決済は、クレジットカードやデビットカードなどをかざすだけで支払が完了するサービスとなり、既に茨城交通では高速バスの料金支払に導入されている。

茨城交通の高速バスでVisaのタッチ決済が利用可能に

茨城交通では、2020年7月29日(水)より、勝田・東海-東京線の高速バスでVisaのタッチ決済の取り扱いを開始する。 乗車時にVisaのタッチ決済に対応したクレジットカード、デビットカード、プリペイ ...

続きを見る

茨城交通の場合は均一運賃の支払いだが、京都丹後鉄道では距離制運賃に対応。改札でVisaのタッチ決済対応のカードをかざし、改札を出る場合も同様にカードをかざすことで、距離に応じた料金の支払いが可能だ。なお、無人駅の場合は車内に設置されているカードリーダーにかざすことで支払う事ができる。

三井住友カードとビザ・ワールドワイド・ジャパンの次世代決済プラットフォーム「stera」とQUADRACの公共交通機関向けシステムを連携することにより、距離に応じた運賃をVisaのタッチ決済に対応したカードやスマートフォンなどで支払う事が可能となった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, デビットカード, プリペイドカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース