ドコモ、店舗内の混雑状況に応じて買い物時のdポイントの付与率を変更する研究を開始

キャンペーン ポイントカード

ドコモ、店舗内の混雑状況に応じて買い物時のdポイントの付与率を変更する研究を開始

ドコモは、2020年11月19日(木)より、買い物時に付与するdポイントの付与率を、店舗内の混雑状況に応じて変動させる研究を2020年11月19日(木)から実施する。

九州大学持続的共進化地域創成拠点との共同研究となり、九州大学伊都キャンパスの学生約1,500人にモニターとして参加してもらい、伊都キャンパス内の飲食店や小売店舗で行う。店舗に来店、または来店が予測される学生モニターへ、テイクアウトや混雑時間帯を避けた来店でボーナスポイントを獲得できるメッセージを送り、3密回避の行動を促す。実際にテイクアウトを利用した方や、混雑時間外へ来店時間を変更した方にdポイントを付与する仕組みだ。

店舗の混雑度は店舗に設置したセンサーからデータを収集し、混雑を可視化する九州大学の技術と、店舗周辺の混雑状況が把握できるドコモのモバイル空間統計を掛け合わせて予測し、最適なポイント付与率を算出する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン, ポイントカード
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース