キャンペーン

JR東日本、2021年春よりSuica定期券の利用者向けに時差通勤でJRE POINTを獲得できるサービスを開始

JR東日本は、2021年春より1年間の期間限定で、Suica定期券利用者向けに、時差通勤を応援するポイントサービスを実施すると発表した。

対象のSuica定期券をJRE POINTに登録し、エントリーの上、平日の朝にSuica通勤定期券で、対象エリアの各駅でポイント還元対象となる時間帯に入場した後に、対象エリア内の駅で出場した場合、JRE POINTを獲得することができる。ピーク時間帯よりも前の時間帯の場合は1日15ポイント、ピーク時間帯よりも後の時間帯の場合は1日20ポイント獲得可能だ。

また、Suicaのチャージ残高での在来線の同一運賃区間の利用回数が月10回以上となった場合、1回毎に運賃の10%のJRE POINTを獲得できるサービスを2021年3月から開始する。例えば、東京-赤羽、東京-蒲田は別区間となるが同一運賃区間となるため、回数のカウントになる。同じ区間を利用する場合は、現行制度(モバイルの場合は2%、カードタイプは0.5%還元)よりもおトクになる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン
-,

© 2022 ポイ探ニュース