QRコード・バーコード コラム

マイナポイントでd払いに設定した時のボーナスポイントが付与された! d曜日やお買い物ラリーのポイントもゲット!

2020年11月6日

筆者はマイナポイントでd払いを選択した。d払いではキャンペーンも多く、使い方によっては25%以上のポイントを獲得できるためだ。

前回は、マイナポイント分の5,000 dポイントとd払い分の392 dポイント獲得まで付与されていたため紹介した。

マイナポイントでd払いを設定し、5,000ポイントゲットしてみた! Amazonでは決済時ではなく発送時にポイント付与?!

2020年9月1日(火)からマイナポイント事業が開始した。マイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを紐付け、紐付けたキャッシュレス決済サービスを利用すると、最大5,000円分のマイナポイントを獲 ...

続きを見る

d払いでは毎月様々な店舗で+10%や+30%などを実施している。2020年9月の場合はAmazon.co.jpも対象となっており、1加盟店で利用すると+10%、2加盟店以上利用すると+30%のdポイントを獲得可能だ。期間中の上限は2,000 dポイントとなるため、Amazonで39,227円購入した際のポイントは+10%でも上限を突破するのでAmazon.co.jpの1加盟店のみの利用だけとなる。このdポイントは「d払いお買い物ラリー(9月)」として2,000ポイントを獲得できている。

たくさんのキャンペーンを活用してdポイントを大量ゲット

たくさんのキャンペーンを活用してdポイントを大量ゲット

続いて、d払いを利用すると、毎週金・土はdポイントが+2%獲得できる。3サイト以上での買い回りの場合は+5%となるが、特に買い回りをする必要もないため、2%分のdポイントである784ポイントを獲得した。

さらに、マイナポイントでd払いを選択している場合は、支払金額の5%が還元されるキャンペーンも実施。上限は1,000ポイントとなり、「マイナポイント×d払い+5%還元キャンペーン」として1,000ポイント獲得できた。

マイナポイント選択で1,500 dポイント、マイナポイントの5,000 dポイント、通常決済分の392 dポイント、d払いお買い物ラリー(9月)で2,000 dポイント、d曜日(9月)で784 dポイント、d払い利用で1,000 dポイントと合計10,676ポイントの獲得だ。

Go Toに押され気味だが、マイナポイントのキャンペーンは自治体なども行っている場合もあり、それぞれを組み合わせることで50%還元も可能だ。自治体独自のマイナポイントは、対象キャッシュレス手段が決まっている場合もあるため、マイナポイントのキャッシュレス決済サービスを選択するときには注意しよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-QRコード・バーコード, コラム
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース