電子マネー

JR東日本、岩手県北自動車と連携し「地域連携ICカード」を利用したバス乗車サービスを開始

JR東日本は、2022年春頃より、岩手県北自動車(岩手県北バス)と「地域連携ICカード」を利用したIC乗車サービスの提供を行うと発表した。

地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスとSuicaエリアおよびSuicaと相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどのSuicaサービスが1枚で利用できるサービスとなる。

ポイントサービスや乗り継ぎ割引など、地域独自のサービスも導入する予定だ。SuicaやSuicaと相互利用可能な他の交通系ICカードでもバスを利用できるようになり利便性も向上する。

岩手県北自動車が運行する岩手県内の全路線を予定している。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース