クレジットカード 電子マネー

茨城県つくば市、市民窓口課の各種証明書等交付手数料支払いに電子マネーとクレジットカード決済を導入

茨城県つくば市では、2020年10月1日(木)より、市民窓口課の各種証明書等交付手数料支払いに、交通系ICカードや電子マネー、クレジットカードが利用できるようになった。

8:30~17:15の間、つくば市役所本庁舎1階 市民窓口課で利用する事ができ、住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍証明書、税証明書、仮ナンバー手数料などをキャッシュレスで支払う事が可能となる。なお、パスポートの交付手数料など、一部の手数料の支払いは対象外だ。

利用できるキャッシュレス手段は、Visa、Mastercardのクレジットカードやデビットカードなどとなり、JCBやAmerican Expressなどは利用できない。また、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードとWAON、nanaco、楽天Edy、iDの利用が可能となる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, 電子マネー
-, ,

© 2023 ポイ探ニュース