キャンペーン

シンガポール航空、「PPSクラブ」と「クリスフライヤー・エリート」会員のステータス更新基準を緩和

シンガポール航空は、マイレージプログラムの上級ステータスである「PPSクラブ」と「クリスフライヤー・エリート」の会員を対象に、2021年3月以降も同ステータスを更新するための基準を本来必要なPPSバリューあるいはエリートマイルの半分に緩和すると発表した。

現在、PPSクラブとクリスフライヤー・エリートの会員資格は2020年3月~2021年2月の12ヵ月間自動的に延長されているが、2021年3月~2022年2月の間に資格期限が切れるPPSクラブとクリスフライヤー・エリートの会員を対象に、ステータスの更新に必要な50%のPPSバリューあるいはエリートマイルを補償し、期間内に通常の半分のPPSバリューあるいはエリートマイルを獲得することで現ステータスを維持することが可能となる。

また、2020年10月15日(木)までの間は、PPSクラブとクリスフライヤー・エリートの会員は、飛行機に搭乗する以外でも、機内販売のオンラインショップ「KrisShop(クリスショップ)」などを利用する事でPPSバリューやエリートマイルを獲得することができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-キャンペーン
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース