電子マネー

JR東日本、タッチしやすい自動改札機の実証実験を実施

JR東日本は、2020年2月から「タッチしやすい自動改札機」の実証実験を実施しているが、新型コロナウイルスの影響により延期していたQR実証実験を新宿駅と高輪ゲートウェイ駅で9月9日(水)より実施すると発表した。

QR実証実験は、試験用のQR券(紙媒体、スマートフォン)での使いやすさやQRコード読み取り部のかざしやすさなどを評価する。

新宿駅では9月9日(水)~9月30日(水)、高輪ゲートウェイ駅では9月15日(火)~9月29日(火)まで実施し、新宿駅はJR東日本社員、高輪ゲートウェイ駅は一般モニターでの実証実験となる。一般モニター試験は高輪ゲートウェイ駅を利用している方に協力を依頼する場合がある。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-電子マネー
-,

© 2022 ポイ探ニュース