QRコード・バーコード

メルカリ、売上金を自治体などに寄付できる「メルカリ寄付」を開始

メルカリは、2020年9月1日(火)より、メルカリの売上金を希望する自治体などに寄付できる「メルカリ寄付」機能を開始した。

寄付先は、鎌倉市と瀬戸市の二市から開始し、順次拡大予定だ。寄付金は災害支援・環境支援・文化支援などの社会貢献や自治体活動などに役立てられる。

メルカリ寄付は売上金などからチャージしたメルペイ残高を希望する自治体などの団体に寄付できる機能となり、ホーム画面の「カテゴリー」タブ内上部の「もっと見る」から「メルカリ寄付」をタップする。寄付先一覧ページから支援したい寄付先を選択し、寄付金額を入力する事で寄付が完了。

メルカリの売上金からチャージしたメルペイ残高のみ寄付に利用する事ができ、有償/無償ポイントを寄付に利用する事はできない。

なお、寄付先の団体によっては寄付金受領証明書が発行されるため、確定申告で寄付金控除を受ける事が可能だ。鎌倉市、瀬戸市では寄付金受領証明書の発行を行う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース