QRコード・バーコード

「山内農場」「目利きの銀次」「魚民」などでatoneやpring、ゆうちょPayなどの利用が可能に

「山内農場」「目利きの銀次」「魚民」を運営するモンテローザは、2020年8月27日(木)より、QR・バーコード決済スキーム「Smart Code」を導入した。

Smart CodeはQR・バーコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や加盟店契約の一本化を行い、一度に様々なコード決済サービスを導入する事ができる決済スキームとなる。

新たに、「山内農場」「目利きの銀次」「魚民」では、atone、pring、ゆうちょPayやはまPayなどの銀行Pay、K PLUSの利用が可能になった。今後、EPOS Payなどにも対応予定だ。

魚民などでは既にLINE Payや楽天Pay(アプリ決済)などの利用が可能だったが、Smart Codeを導入したことにより、様々なコード決済サービスに対応する。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース