クレジットカード デビットカード ポイントプログラム

タカシマヤカード、2021年9月以降のポイントの使い方・貯まり方が変更

タカシマヤカードでは、2021年9月1日(水)より、ポイントの使用方法などが変更となる。

現在、タカシマヤカードの利用で貯まったタカシマヤポイントは2,000ポイント(タカシマヤポイントカードは1,000ポイント)で「ポイントお買物券」に交換して利用してきたが、2021年9月以降は会計時にカードでポイントを利用することが可能となる。なお、利用できるポイント単位は変更されず2,000ポイント単位(タカシマヤポイントカードは1,000ポイント単位)で利用できる。2021年8月末で「お買物券」への交換はできなくなるが、交換済みのお買物券は9月以降も利用可能だ。

また、ポイントの有効期限も変更となり、2021年9月以降はポイントの交換期限がなくなる。ただし、ポイント利用に有効期限が設定され、1年間で貯めたポイントは翌1年間で利用する必要がある。従来は最長16ヵ月だったが、2021年9月以降は最長24ヵ月だ。

現金や商品券での全額利用した場合にカードを提示すると、ポイント還元率が変更される。従来は、クレジットカードでの支払いと同じポイントを獲得できたが、現金・商品券による全額購入の場合は5%還元(タカシマヤセゾンカードは2%だった還元率が1%に)だ。また、お中元・お歳暮のカタログ掲載商品などの「食料品のギフト推奨品」はタカシマヤカード(ゴールドやプラチナデビット除く)のみ5%還元と変更される。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, デビットカード, ポイントプログラム
-, , , , ,

© 2022 ポイ探ニュース