QRコード・バーコード プリペイドカード

横浜銀行の「はまPay」がApple Payとおサイフケータイに対応 iD決済時には0.25%のキャッシュバック

横浜銀行は、2020年8月20日(木)より、スマホ決済サービス「はまPay」をApple Payとおサイフケータイに対応した。

「はまPay」は提示されたQRコードを読み取るなどで、横浜銀行口座から直接支払う事ができるサービスだ。新たに、Apple Payとおサイフケータイに対応し、iD加盟店で利用できるサービス「はまPay タッチ決済」を開始。

「はまPay タッチ決済」は、「はやPay」アプリから登録する事ができ、iD加盟店で利用するには事前にチャージが必要となる。なお、横浜銀行口座からのオートチャージ設定も可能。1日10万円までチャージできる。「はまPay」のコード決済は約15万加盟店での利用となるが、iD加盟店に拡大し、約114万加盟店で利用できるようになった。

チャージした残高は横浜銀行の口座に戻す事はでず、はまPayのコード決済サービスで利用することもできない。ただし、オンラインのVisa加盟店で利用する事も可能となる。Visa加盟店で利用する場合は、事前に3Dセキュアの登録が必要。はまPayアプリの右上にある「三」メニューから設定を選択し、「はまPay タッチ決済」から「カード情報照会」を行う事で、Visaプリペイドカードのカード番号、有効期限、セキュリティコードを確認可能だ。

はまPay タッチ決済のバーチャルVisaプリペイドカード番号

はまPay タッチ決済のバーチャルVisaプリペイドカード番号

デビットの場合はメンテナンス時間中は利用できない、口座残高が上限となり不安と言った事から、iD決済についてはデビットではなくプリペイドとなった。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, プリペイドカード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース