QRコード・バーコード クレジットカード特集 コラム 電子マネー

郵便局の郵便窓口がキャッシュレス決済に対応! ゆうパックをLINE Payで払ってみた!

2020年8月4日

2020年7月7日(火)より、郵便局ではキャッシュレス決済の本格的な導入を開始した。

郵便局、キャッシュレス決済導入局を全国約8,500に拡大

日本郵便は、2020年7月7日(火)より、郵便局でのキャッシュレス決済の本格導入を行う。 郵便局窓口で郵便料金やゆうパック、ゆうメール、切手やはがき、レターパックなどをクレジットカードなどのキャッシュ ...

続きを見る

郵便窓口で取り扱う商品・サービスは以下の通り。

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
  •  切手、はがき、レターパックなどの販売品(切手販売は、1回の取引において10万円が上限額)
  • カタログ、店頭商品などの物販商品

ただし、次の商品・サービスには、キャッシュレス決済は利用できない。

  • 印紙
  • 宝くじ
  • 代金引換郵便物等の引換金
  • 税付郵便物の関税
  • 地方公共団体事務(各種証明書等の交付、バス回数券の販売などの受託事務)

対象の郵便局には対応するキャッシュレスサービスが表記されている。

郵便局で利用できるキャッシュレスサービス一覧

郵便局で利用できるキャッシュレスサービス一覧

今回は、LINE Payのチャージ&ペイで貯めたLINEポイントがあったため、LINE Payで支払う事にした。

ゆうパックを預けて「LINE Payで」と伝えると郵便局員が端末を取り出し金額を入力。LINE PayのQRコードまたはバーコードが表示されている画面を提示してスキャンしてもらうだけで支払いが完了だ。

「日本郵便」でLINE Payを利用

「日本郵便」でLINE Payを利用

LINE Payで利用サービスとして「日本郵便」、1,470円の支払いができていることが確認できる。

従来は切手やレターパックは「郵便局のネットショップ」でのクレジットカード決済を利用していたが、今後は、キャッシュレス決済を利用できる郵便局で購入することにする。

なお、2020年8月4日(火)時点では6,794の郵便局でキャッシュレス決済を利用でき、8月25日(火)までに8,441まで拡大する予定となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-QRコード・バーコード, クレジットカード特集, コラム, 電子マネー
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース