コラム テクニック 一般カード

電子マネーを制するものはポイントを制す 2015年以降でもau WALLETをおトクに使うには?

2014年11月6日

おトクにポイントを貯めたいのであれば電子マネーの活用が必須だ。しかし、電子マネーを活用するのは非常に難しい(なぜ、電子マネーを利用するとおトクになるか、電子マネーが複雑なのかは「電子マネーを制するものはポイントを制す なぜ電子マネーを利用するとおトクなのか」参照)。そこで、誰でも電子マネーを使っておトクになれるように、クレジットカードと電子マネーのおすすめの組み合わせ、利用方法、ポイントの使い方を紹介していきたい。

第1回目は「au WALLETカード」だ。

この記事は、次のような人におすすめの記事となっている。

  • au利用者
  • マイラー(ANA、JAL、UA)

2014年5月21日に開始したau WALLET。au利用者であれば誰でも申し込みが可能なプリペイド型の電子マネーとなる。約5ヶ月後の2014年10月、申込件数660万枚を突破した。MasterCardブランドのプリペイドカードのため、MasterCardが使える店舗であれば、ほぼ利用可能となっており、他の電子マネーよりも圧倒的に利用可能場所が多いのが特徴だ。カード番号があるため、もちろんネットショッピングにも利用できる。

しかし、「すんごい貯まる すんごいおトク」と所ジョージさんがCMをしているが、電子マネーとしてのポイントの貯まり方はau WALLETカードの支払い200円(税込)につきWALLETポイントが1ポイント(=1円相当)と一般的な電子マネーと同じだ。「すんごい貯まる」訳ではない。しかし、2014年12月末までは、「すんごいおトク」なのは確かだ。では、なぜおトクなのだろうか?

au WALLETカードへのチャージ方法は5つ 最もおトクなのは「じぶん銀行」からのチャージ

au WALLETはプリペイド式の電子マネーのため、他の電子マネーと同様、チャージでポイントを貯める事ができる。au WALLETへのチャージ方法は5つ。

  • auショップでの現金チャージ
  • クレジットカードチャージ
  • auかんたん決済チャージ
  • じぶん銀行からのチャージ
  • auポイント、WALLETポイントからのチャージ

じぶん銀行このうち、最もおトクなチャージ方法はKDDIと三菱東京UFJ銀行が出資して作られた「じぶん銀行」からのチャージだ。「じぶん銀行」からのチャージでチャージ金額の5%が上乗せされる。

例えば、25,000円分のチャージを行うと、5%上乗せされ26,250円利用できる事になる。チャージするだけで1回1,250円もおトクになる。この5%上乗せチャージは1ヶ月10回までの制限があるため、1ヶ月におトクになる金額は12,500円だ。ただし、この5%上乗せのチャージについては期間が決まっており、2014年12月末までの限定キャンペーンとなっている。

2014年5月からau WALLETカードを利用している場合は、非常におトクなキャンペーンだったが、これからau WALLETカードを利用するには、どうすれば良いのだろうか。2015年1月以降、「じぶん銀行」からの上乗せチャージが全く無くなった場合を考えてみよう。

au WALLETカードへのクレジットカードによるチャージ方法は?

2015年以降、au WALLETカードをおトクに利用するには、クレジットカードによるチャージを考えなければならない。

au WALLETカードにクレジットカードでチャージする場合のチャージ方法は、クレジットカードからの直接チャージ、またはauかんたん決済での通信料金と一緒にクレジットカード引き落としに設定するパターンの2つとなる。

では、クレジットカードでのチャージ、auかんたん決済でのチャージについて確認しよう。対象クレジットカード、チャージ単位、上限をまとめた。

チャージ方法 対象クレジットカード チャージ単位 上限
クレジットカード すべてのMasterCard、クレディセゾン/UCカード発行のVisaブランド、au WALLETクレジットカード 3,000円、5,000円、7,000円、10,000円、15000円、25,000円
auかんたん決済 au WALLET クレジットカード、MUFGカード(MasterCard/Visa)、DCカード、NICOSカード、セゾンカード(MasterCard/Visa/JCB)、UCカード(MasterCard/Visa)、楽天カード(Visa/MasterCard/JCB)、イオンカード(Visa/MasterCard/JCB)でauの通信料金を引き落としていること 1,000円単位 ■20歳未満
3,000円
■20歳以上
加入年月1~3ヶ月:5,000円/月
加入年月4~47ヶ月:1万円/月
加入年月48ヶ月~:2万円/月

方法1:au WALLETカードへのクレジットカードチャージ

まず、クレジットカードによる直接チャージだ。チャージ可能なクレジットカードはMasterCardブランドか、クレディセゾン・UCカード発行のVisaブランド、または2014年10月28日から募集開始のau WALLETクレジットカードとなる。

最初に、au WALLETクレジットカードでチャージすることを考えてみよう。au WALLETクレジットカードは200円につき2ポイント獲得できる還元率1.0%のクレジットカードだ。しかし、au WALLETカードへのチャージだけ200円につき1ポイントと還元率は0.5%にダウンする。au WALLETカードの利用時に0.5%のポイントが付与されることを考えても、合計の還元率は1.0%。還元率が1.0%であるならば、au WALLETクレジットカードで直接支払っても同じとなるため、おトクにはならない。

au WALLETクレジットカードからau WALLETカードへのチャージと直接支払いの比較

では、全てのMasterCardブランド、クレディセゾン/UCカード発行のVisaブランドで還元率が高いカードを考えると、誕生日月が5倍になる「ライフカード(MasterCard)」や、リボ専用カードだが還元率1.5%の「DCカード Jizile(MasterCard)」、還元率が1%の「SoftBankカード」「Amazon MasterCardクラシック」が挙げられるだろう。ただし、「SoftBankカード」や「Amazon MasterCardクラシック」でチャージしたとしてもチャージ時に1.0%、支払い時に0.5%と合計の還元率は1.5%だ。

十分高い還元率だが、元々の還元率が1.5%以上ある「リクルートカードプラス」「リーダーズカード」「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」「エクストリームカード」を使った方が、ポイントが分散されず、使い勝手は良いだろう。

また、nanacoやSuica、楽天Edy等の電子マネーの場合は、非接触での支払いとなるため、コンビニでも利用しやすい。合計の還元率が1.5%だとしても、スムーズな支払いを考えるとメリットがある。しかし、au WALLETカードの場合は、クレジットカードと同じように支払うため、それであれば高還元率カードの「リクルートカードプラス」「リーダーズカード」「漢方スタイルクラブカード」「REXカード」「エクストリームカード」で直接支払っても同じことになる。

方法2:auかんたん決済によるau WALLETカードチャージ

次に、auかんたん決済によるau WALLETカードへのチャージを考えよう。auの通信料金の引き落としに対象のクレジットカードを指定している場合、auかんたん決済でau WALLETカードにチャージできるというサービスだ。仕組みはこうだ。

auかんたん決済でのクレジットカードチャージイメージ

(1)auかんたん決済でau WALLETカードにチャージ申請する
(2)auの通信料金の支払い方法がクレジットカードの場合、対象のクレジットカードかどうか確認する
(3)対象のカードであればチャージが可能、対象カードでなければ、チャージができない
(4)通信料金に加え、au WALLETカードの合算金額が、指定のクレジットカードから引き落とされる

クレジットカードからau WALLETカードへのチャージ分も引き落とされるため、au WALLETカードへのチャージ分もクレジットカードのポイントが貯まるということだ。開始当初は、対象カードが少なかったが、「楽天カード」や「イオンカード」が追加されるなど、どんどん対象カードが増えている。

しかし、auかんたん決済の場合、利用者の年齢と加入年月によりチャージ可能な金額が異なるので注意が必要だ。例えば、20歳以上で2年間使っている利用者は1ヶ月に1万円までのチャージとなる。従って、それ以上利用する場合は、他のチャージ方法を利用しなければならない。ただし、直接のクレジットカードからのチャージよりも、対象カードが多いため、検討に値する。

では、auかんたん決済でポイントが貯まるクレジットカードを考えてみよう。まずは、直接のクレジットカードチャージと同様、2014年10月28日に募集開始のau WALLETクレジットカードを考える。au WALLETクレジットカードで直接チャージをすると、200円につき1ポイントとポイント付与率が下がっていた。auかんたん決済の場合はどうだろうか? こちらも確認した所、au WALLETカードへのチャージ分は200円につき1ポイントとなることが判明した。従って、au WALLETカードへのチャージにはau WALLETクレジットカードを利用しないほうが良いだろう。

クレジットカードの直接チャージで挙げたカード以外で、対象カードを考えてみたい。還元率が1.0%を超えるクレジットカードで考えると、還元率1.25%の「REXカード Lite」、還元率1.2%の「リクルートカード」がある。「REXカード Lite」はジャックス発行のVisaブランドのため対象外となる。「リクルートカード」はどうだろうか? 「リクルートカード」はJCBブランドとVisaブランドの2種類存在する。Visaブランドの発行は三菱UFJニコスとなっているため、対象となり得るカードだ。

リクルートカードVISAでポイントが貯まる電子マネー「リクルートカード」のWebサイトでは、クレジットカードチャージでポイントが付与される電子マネーは詳しく書かれている。Visaブランドの場合はnanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAとあるが、「au WALLETカード」の表記はない。従って、リクルートカードに直接確認を行った。結果としては、auかんたん決済でのau WALLETカードチャージは可能で、ポイントも付与されるとのことだ。

「リクルートカード(VISA)」でau通信料金を支払い、au WALLETカードにチャージすると、チャージ時に1.2%のリクルートポイントが、決済時に0.5%のWALLETポイントが貯まるため、還元率は1.7%となる。クレジットカードの年会費を支払たくない場合は、この選択肢もありだが、年会費を支払いたくない場合は、「リーダーズカード」「REXカード」の場合は、年間利用額50万円以上で年会費が無料になるため、そちらを使ったほうが良いだろう。

ただし、「リクルートカード(VISA)」は楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCAにチャージしてポイントが貯まるため、サブカードとして保有しておくのはおすすめだ。

au WALLETカードへのチャージでおトクなクレジットカードは?

以上より、還元率1.0%では、高還元率カードを利用したほうがおトクになる場合が殆どだ。そのため、au WALLETカードへのチャージでおトクになるクレジットカードとしては、

  • 還元率1.5%を超えるクレジットカード
  • 航空系クレジットカード
  • ポイントアップで還元率が1.5%を超えるクレジットカード

となる。

還元率が1.5%を超えるカードで、MasterCardブランドがあるカードは「DCカード Jizile(MasterCard)」が良いだろう。年会費が無料で、還元率が1.5%だ。ただし、「DCカード Jizile(MasterCard)」はリボ専用カードとなるため、リボ専用カードを使い慣れない場合はおすすめできない。

また、「ANA マスターカード」や「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」、「MileagePlusセゾンカード(Visa、MasterCard)」などの航空系のクレジットカードも良いだろう。航空系のクレジットカードは電子マネーチャージに弱い。しかし、au WALLETカードへのチャージには、現時点で制限はかかっていない。そのため、ANAマイラー、JALマイラー、UAマイラーがau WALLETカードを利用するのはおトクだ。ANAマイラーの場合は、「ANA マスターカード」「ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード(TOKYU×ANAカード)」、JALマイラーの場合は、JMB WAONにもチャージでマイルが貯まる「JALカード TOP&ClubQ(MasterCard)」「JAL・MasterCard」(ショッピングマイル・プレミアム加入)が良いだろう。UAマイラーは「MileagePlusセゾンカード(Visa、MasterCard)」(マイルアップメンバーズ加入)。

また、誕生日月にポイントが5倍となる「ライフカード(MasterCard)」もおすすめだ。誕生日月には還元率が2.5%+au WALLETカードでの支払いで0.5%の合計3%還元となる。

これらのクレジットカードを利用すると、2015年以降もau WALLETカードをおトクに使うことができるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, テクニック, 一般カード
-, , , , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース