コラム デビットカード

Fitbit Payに対応したFitbit Versa 2を買ってSony Bank WALLETの設定・使ってみた!

2020年7月7日(火)より、Fitbit Payが開始した。今回はFitbit Payを使うために、Fitbit Versa 2を購入し、Fitbit Payの設定を行うことにした。

Fitbit PayがSony Bank WALLETと連携してVisaのタッチ決済の利用が可能に Fitbit Pay対象機種の限定価格で販売するキャンペーンも実施

毎日のアクティビティやエクササイズ、睡眠を記録するスマートウォッチ「Fitbit」では、2020年7月7日(火)より、ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」でFitbit Payに対応した。 ...

続きを見る

Fitbit Versa 2を安く購入するには?

ソニー銀行の専用サイトからクーポンコードを入力すると、Fitbit Versa 2などが特別価格で購入できるキャンペーンが開始している。

Fitbit Versa 2がクーポン入力で特別価格に

Fitbit Versa 2がクーポン入力で特別価格に

Fitbit Versa 2 SPECIAL EDITIONが32,388円(税込)がクーポンを入力すると27,530円(税込)と約5,000円安く購入できる。早速購入しようと思い、他のサイトと比べてどのくらい安いのかを確認してみることにした。

Fitbitのオフィシャルサイトを表示し、「今すぐ購入」をクリックすると、Amazon.co.jpにジャンプする。従って、Amazon.co.jpで販売されている商品は正規品という事だろう。

Fitbit Versa 2の27,530円(税込)で購入できる商品はAmazon.co.jpで24,982円。

Fitbit Versa 2の価格をAmazon.co.jpで確認

Fitbit Versa 2の価格をAmazon.co.jpで確認

クーポンよりも安く購入できる。クーポン適用で購入できる商品は「SPECIAL EDITION」とあるが、Amazon.co.jpのサイトでは「SPECIAL EDITION」の文字はない。

通常価格 クーポン適用特別価格 Amazon.co.jp
価格 32,388円(税込) 27,530円(税込) 24,982円(税込)

何か違うのかと考えて、オフィシャルサイトを確認すると、スペシャルエディションはベルトが違うだけとなりそうだ。

そのため、Fitbit Payを試すためと考えると、Amazon.co.jpでFitbit Versa 2を購入した方が安く購入できるため、今回はAmazon.co.jpで購入した。

Fitbit Versa 2にFitbit Payを設定

到着したFitbit Versa 2の箱には「SPECIAL EDITION」とあるため、やはりAmazon.co.jpで購入した方が安かったようだ。

Amazon.co.jpで購入したFitbit Versa 2

Amazon.co.jpで購入したFitbit Versa 2

続いてケースを開けて、Fitbit Versa 2を設定する。スマートフォンにアプリをインストールし、今回購入した「Versa 2」を選択する。

Fitbitアプリの設定

Fitbitアプリの設定

説明通りに操作を行うと、自分のFitbit Versa 2に簡単に接続できる。Wi-Fiの設定など行うと、最新のソフトウェアをダウンロードされた。

Fitbitの更新作業

Fitbitの更新作業

アプリの起動後、左上のアカウントマークをタップ。「Versa 2」を選択し、「ウォレット」をタップする。

Fitbitのアプリでウォレットの設定を行う

Fitbitのアプリでウォレットの設定を行う

ここからFitbit Payの設定となり、4桁の暗証番号を設定。腕時計を再度つけたときに暗証番号の入力が必要となる。この暗証番号により、Fitbitが盗まれた場合でも使われる心配がなくなる。

つづいて、カード番号や有効期限、セキュリティコードを入力し、ソニー銀行から送られてきたメールのコードを入力することでFitbit Walletにタカシマヤプラチナデビットカード(Sony Bank WALLET)が設定できた。

Fitbit Walletにタカシマヤプラチナデビットカード(Sony Bank WALLET)を登録

Fitbit Walletにタカシマヤプラチナデビットカード(Sony Bank WALLET)を登録

Fitbit Payを起動するには?

Fitbit Payを使うには、左側のボタンを一度長押しして「Fitbit Pay」が起動するように設定する。

Fitbit Versa 2の左側のボタンを長押しでFitbit Payを起動するように設定

Fitbit Versa 2の左側のボタンを長押しでFitbit Payを起動するように設定

その後、左側のボタンを長押しするとすぐにFitbit Payが起動する。

また、上からスワイプして、真ん中のウォレットアイコンをタップしてもFitbit Payを起動することが可能だ。

Fitbitで上からスワイプするとウォレットアイコンが表示される

Fitbitで上からスワイプするとウォレットアイコンが表示される

Fitbit Payで支払うには?

セブン-イレブンやローソン、マクドナルドなどのVisaのタッチ決済が利用できる加盟店で、Fitbit Payを起動して近づけると支払いが完了する。

実際にセブン-イレブンでFitbit Payで支払ってみた。支払い時に「Fitbit Payで」と伝えても支払う事はできないため、「クレジットカードで」と伝える。電子マネーをかざす場所にFitbit Versa 2をかざすと支払いが完了だ。

セブン-イレブンでFitbit Payを使って支払う

セブン-イレブンでFitbit Payを使って支払う

Sony Bank WALLETのデビット機能が利用されているため「VISA DEBIT」の表記がある。

Fitbit Payの利用履歴を確認するとセブン-イレブンで680円を利用した事が表示されている。

Fitbit Payの利用履歴

Fitbit Payの利用履歴

Sony Bank WALLETの履歴を見ても、同じくセブン-イレブンで680円の利用を確認可能だ。

Sony Bank WALLETの取引履歴

Sony Bank WALLETの取引履歴

Fitbit Versa 2の左側にあるボタンを長押しするだけで支払う事ができて比較的簡単に支払う事ができた。Visaのタッチ決済ができる腕時計としてはGarminのGarmin Payがあり、対応するVisaデビットカードはGarmin Payの方が多く、新たにSuicaの利用もできるようになっている。

JR東日本、GarminのウェアラブルデバイスでSuicaの利用を開始

JR東日本は、2020年5月21日(木)より、交通系ICカード「Suica」をGarminのウェアラブルデバイスで発行したりチャージしたりできるサービスを開始した。 スマートフォンとGarminのウェ ...

続きを見る

今後のFitbit PayのSuica対応などに期待したい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, デビットカード
-, , , , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース