QRコード・バーコード クレジットカード 電子マネー

郵便局、キャッシュレス決済導入局を全国約8,500に拡大

日本郵便は、2020年7月7日(火)より、郵便局でのキャッシュレス決済の本格導入を行う。

郵便局窓口で郵便料金やゆうパック、ゆうメール、切手やはがき、レターパックなどをクレジットカードなどのキャッシュレス決済に対応する。なお、印紙、宝くじ、代金引換郵便物等の引換金、税付郵便物の関税、地方公共団体事務については現金のみの取り扱いだ。

利用できるキャッシュレス決済は、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、銀聯のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードに対応し、電子マネーはiD、WAON、QUICPay+、交通系ICカードに対応。コード決済は、ゆうちょPay、Amazon Pay、au Pay、d払い、J-Coin Pay、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイ(アプリ決済)、Alipay、WeChat Payとなる。なお、J-Coin Payは6月26日(金)より対応した。

現在は66の郵便局でキャッシュレス決済の利用が可能だが、7月7日(火)以降に約8,500の郵便局でキャッシュレス決済を利用できるようになる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード, クレジットカード, 電子マネー

© 2020 ポイ探ニュース