コラム 共通ポイント

dポイントの運用だけで+1,060ポイント増えた! ポイント運用のメリットとは?

2020年6月10日

2018年の「dポイント投資」が開始してからコツコツとdポイントを追加運用してきた。「dポイント投資」は、dポイントを運用し、引き出す時にはdポイントが戻ってくるサービスとなる。ポイントそのものを運用するため、証券口座の開設も不要だ。

dポイント投資で1年運用してみた結果を公開! 運用実績は良い? 悪い?

2018年5月16日(水)に開始した「dポイント投資」。dポイントを運用することができるサービスとなる。 100 dポイント単位で運用することができ、バランスコースとアクティブコースから選択できる。ポ ...

続きを見る

新たに2020年3月に開始したのがdポイントによる投資サービスとなる。SMBC日興證券の投資情報メディア「日興フロッギー」でdポイントを使って株の購入が可能となった。dポイントを使って株を購入するため、売却時にはdポイントではなく現金として戻ってくるのが違いとなる。

dポイント投資から日興フロッギーでのdポイントでの投資に切り替えるために、従来運用していたdポイントを引き出すことにした。

SMBC日興証券の日興フロッギーでdポイント投資サービスが開始! 実際にdポイントでドコモ株を購入してみた!

目次1 日興フロッギーでdアカウントの連携方法は?2 日興フロッギーでdポイントを使って投資してみる3 投資に使えるdポイントは期間・用途限定ポイントも利用可能!4 dポイントが貯まる記事を読もう!5 ...

続きを見る

dポイント投資した金額は合計16,200ポイントとなる。なお、dポイントの期間・用途限定ポイントについてはdポイント投資で運用することはできないため、2年間で貯めたdポイントはもっと多い。

運用追加日 運用追加ポイント
2018/5/16 1,600
2018/6/12 400
2018/7/7 200
2018/7/10 400
2018/8/14 500
2018/9/12 400
2018/9/20 100
2018/10/13 500
2018/11/19 500
2019/1/11 2,000
2019/2/13 1,500
2019/3/13 500
2019/4/12 500
2019/4/24 100
2019/5/10 500
2019/6/14 600
2019/7/1 100
2019/7/10 500
2019/7/22 100
2019/8/21 500
2019/9/12 500
2019/10/10 500
2019/11/10 500
2019/12/12 500
2019/12/22 100
2019/12/28 200
2020/1/6 200
2020/1/11 600
2020/2/10 1,000
2020/3/6 100
2020/3/11 500
運用ポイント数 16,200

このdポイントを2020年6月9日(火)に引出申請を行う。引出申請時には17,288ポイントだったが、約定の18時頃には下がっていたようで実際の引出ポイントは17,260ポイントとなる。

dポイント投資で全額ポイント引出

運用していたポイントは16,200ポイントのため、1,060ポイント増えた計算だ。6.5%程度の運用となる。1年間運用したときには+84ポイントと若干のプラスだったが、2年間の運用で大きくポイントが増えている。

dポイント投資のメリットは、運用益に税金がかからない点だ。1,060ポイントはそのまま全て受け取ることができる。一般的な投資の場合は運用益に対して20.315%の税金が必要だ。

もう一点のメリットがポイントの有効期限がなくなると言う点だ。前回、有効期限が切れそうなau WALLETポイント(現在はPontaポイント)を運用して有効期限延長を狙ったが、ポイント運用の場合、運用中のポイントの有効期限がなくなる。使い道のあまりないポイントはどんどん運用に回すのが良いだろう。

au WALLETポイントの運用で有効期限を延長! 取り出したらPontaポイントに!

au WALLETポイントが、2020年5月21日(木)にPontaポイントに統合した。 このポイント統合で1つ気になっていた事がある。筆者は以前からauのポイント運用サービスを利用しており、統合前に ...

続きを見る

ポイント運用に慣れ、ポイントの増減が自分の許容範囲であるならポイント投資に移行するのも良いだろう。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で株価が乱高下していたが、なぜか最近は上昇している。今後、再度下がる可能性もあるが、dポイント投資の約2年間の運用成績を見てもわかる用に、コロナショックでもプラスになる事もある。

とりあえず、ポイント運用でリスクを判断し、その後はポイント投資+現金入金で実際の投資という流れが初心者にはお勧めだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース