クレジットカード特集 コラム 一般カード

都税の固定資産税・都市計画税をLINE Payの「チャージ&ペイ」で支払ってみた! Visa LINE Payクレジットカードで直接払いの方がおトクな場合も

2020年6月5日

東京都の都税(固定資産税・都市計画税)をLINE Pay請求書支払いで支払ってみた

2020年6月1日(月)より、東京都税が「PayPay請求書払い」と「LINE Pay請求書支払い」に対応した。自動車税は既にJMB WAONで支払っていたが、新たに「固定資産税・都市計画税」の納付書が到着。

自動車税をミニストップでJMB WAON決済してみた! JALカードからのチャージでマイル獲得可能! 支払いでもマイルを獲得できる!

目次1 対象のJALカードからJMB WAONにチャージでまいるゲット!2 ミニストップで自動車税を支払う3 自動車税のJMB WAONでの支払い時にはマイルも貯まる? 自動車税の納付書が届いた。以前 ...

続きを見る

せっかくなので、この固定資産税・都市計画税を「LINE Pay請求書支払い」で支払ってみることに。LINE Payの「請求書支払い」をタップする。「請求書支払い」の案内が表示されるため、「次へ」ボタンをタップ。バーコードリーダーで固定資産税のバーコードを読み取る。

LINE Pay請求書支払いでバーコードを読み取る

読取りが完了すると、支払い先として「東京都 都税」、金額が表示されるため「お支払い」をタップ。このときに、「金額」と「お支払い合計」を確認しよう。同じになっているため手数料は無料という事だ。

LINE Pay請求書支払いで都税の固定資産税を支払う

「お支払いが完了しました」のメッセージが表示されて支払いが完了する。

都税の支払いでも「チャージ&ペイ」の場合はLINEポイントを獲得できる!

ここで重要なのが、LINE Pay残高からの支払いではなく、Visa LINE Payクレジットカードを登録して「チャージ&ペイ」で支払う事だ。「チャージ&ペイ」は、事前チャージ不要で支払金額が後日Visa LINE Payクレジットカードで支払う事ができるサービスとなる。

LINE Payの「チャージ&ペイ」を使ってみた! 毎月利用できるクーポンも同時に利用可能! ただし、Visa LINE Payクレジットカードでの支払いを推奨

目次1 LINEポイントクラブのクーポン入手方法は?2 Tカード提示+クーポン+チャージ&ペイは導線が悪い3 クーポンを使わない場合は、Visa LINE Payクレジットカードで支払う 2020年5 ...

続きを見る

都税を「LINE Pay請求書支払い」で、Visa LINE Payクレジットカードから支払う事ができる「チャージ&ペイ」を利用すれば利用実績に応じて1~3%のLINEポイントを獲得可能だ。

分納か一括払いかを考えよう

筆者は、LINE Payをあまり使っていないため、マイランクは「レギュラー」となり、「チャージ&ペイ」の還元率は1.0%だ。

ここで、いろいろ考えることにした。固定資産税・都市計画税は、全ての金額を1回で支払う一括払いか、4回に分割して支払う分納があるが、今回は分納を選択。一括払いでも分納でも支払う金額は同じだ。

都税の固定資産税・都市計画税は一括払いと分納がある

LINEポイントクラブの還元率は、ポイント獲得数に応じて変わる仕組みとなる。過去6ヵ月間のポイント獲得料でマイランクが変わる仕組みだ。

レギュラー シルバー ゴールド プラチナ
6ヵ月間での獲得ポイント数 0~99ポイント 100~499ポイント 500~4,999ポイント 5,000ポイント~
「チャージ&ペイ」での還元率 1.0% 1.5% 2.0% 3.0%

つまり、分納すれば2期以降の支払いポイントが増える可能性がある。

納付期限
1期 2020年6月30日(火)
2期 2020年9月30日(水)
3期 2020年12月28日(月)
4期 2021年3月1日(月)

筆者の場合は、全部で20万円以上の固定資産税となるため、1期は5万円以上となる。5万円支払うと、レギュラーは1.0%のため500ポイント獲得だ。翌月のマイランクはゴールドになり、2期~4期の支払い分は2%還元となり、理論上は1,500ポイント多く獲得できる。

一括払いの場合 分納の場合
獲得できるLINEポイント 2,000ポイント 3,500ポイント

ただし、「チャージ&ペイ」でのポイント還元率が変わらない、都税の支払いでポイントが貯まらなくなる、などの条件が変わらなければの話となるため「理論上」となる。

Visa LINE Payクレジットカードで直接払いの方がおトクな場合も!

都税はオンラインでクレジットカード納付ができる。ただし、クレジットカードでの納付時には手数料が発生する。手数料は5万円の場合は手数料が401円だ。しかし、Visa LINE Payクレジットカードで税金を支払うと、3%のLINEポイントを獲得できる。

5万円納付すると1,500ポイント獲得可能だ。401円の手数料を引いても1,099円分のポイントとなる。LINE Pay請求書支払いをレギュラーの1%還元で支払っても500ポイントの獲得となるため、Visa LINE Payクレジットカードで支払った方がおトクとなる。

マイランク毎・Visa LINE Payクレジットカードでの獲得ポイント数の違い

ただし、Visa LINE Payクレジットカードで税金を支払ってポイントを獲得できるのは5万円まで。

東京都税はVisa LINE Payクレジットカードで直接払うか「チャージ&ペイ」で払うか どっちがおトクなの?

目次1 Visa LINE Payクレジットカードは2021年4月末まで3%還元だが…2 Visa LINE Payクレジットカードでの都税納付で裏技も?!3 Visa LINE Payクレジットカー ...

続きを見る

5万円を超えた部分には3%のLINEポイントは獲得できないので、マイランクがゴールド以下の場合は注意しよう。ゴールドは6万円以上、シルバーは7万円以上、レギュラーは9万円以上の場合、Visa LINE Payクレジットカードで支払うよりもおトクだ。


LINE Payはこれまでもポイント還元率などを頻繁に変更しているため、その時に応じた支払方法を考える必要がある。「チャージ&ペイ」のポイント付与率が変更となったり、都税の支払いでポイントが貯まらなくなったり、Visa LINE Payクレジットカードでの税金支払いでポイントが貯まらなくなるなど、変更があればおトクな支払方法が変わってくるので支払う前に色々考える癖をつけよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 一般カード
-, , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース