コラム 共通ポイント

au WALLETポイントの運用で有効期限を延長! 取り出したらPontaポイントに!

2020年6月3日

au WALLETポイントが、2020年5月21日(木)にPontaポイントに統合した。

au WALLETポイントとPontaポイントが統合! ID連携するとau WALLETポイントがPontaポイントに

2020年5月21日(木)に、au WALLETポイントがPontaポイントに統合となった。auIDとPontaカード情報を連携することで、今まで貯めたau WALLETポイントをPontaポイントと ...

続きを見る

このポイント統合で1つ気になっていた事がある。筆者は以前からauのポイント運用サービスを利用しており、統合前に運用していたポイントを取り出したときにどうなるか。

au WALLETポイント運用を開始! コースを選択する必要もなし!

2019年4月9日(火)に、au WALLETポイントを疑似運用するサービス「au WALLETポイント運用」が開始した。 通常は、開始日にサービスを利用しているのだが、au WALLETポイント運用 ...

続きを見る

早速、運用中のポイントを引き出してみる。これまで運用してきたau WALLETポイントは合計6,000ポイントだ。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で株価は下がっていたが、運用実績を見ると+103ポイントとなっている。とりあえず全額分の6,103ポイントを引き出した。

au WALLETポイントとして運用していたポイントを引き出す

確認画面を見ると「Pontaポイント反映予定日時」とあるため、おそらくPontaポイントとして取り出すことができるはずだ。ただ、auのポイント運用は運用や引出のタイミングが非常に遅い。2020年5月27日(水)に引出申請を行うと、実際にポイントとして反映するのは6月2日(火)となる。その間に価格変動するとポイント数が変動する可能性があり、約定のタイミングでマイナスになっていると損というわけだ。

6月2日(火)になったため、Ponta WebでPontaポイント数を確認してみる。

ポイント運用を引き出してPonta Webでポイント確認

「KDDI加盟店 au PAYポイント運用」として6,148ポイントが加算されていることを確認。引出申請は6,103ポイントのため45ポイント増えている。約定したタイミングが良かったのだろう。

6,103ポイントだけが引き出され、残り45ポイントが運用ポイントとして残りそうだが、auのポイント運用は全額指定すると端数が残らず全額引出ができるようだ。これは良い仕組みだろう。

なお、以前失効直前のau WALLETポイントを運用したが、そのポイントも引き出している。そのポイントは有効期限切れで失効しているわけでもなく、他のPontaポイントと同じように1年間(2021年6月2日まで)の有効期限となっている。

「ポイント運用」はポイントの有効期限を延長できるのがメリット! 期限が切れそうなau WALLETポイントを運用してみた

先日、au WALLETポイントの599ポイントが2日後に失効するという案内があった。1ポイント=1円のため、599円分が失効するという事だ。 au WALLETポイントの599ポイントが失効するとい ...

続きを見る

PontaポイントはSTOCK POINTと提携してPontaポイントの運用サービスを行っている。

【UPDATE】ロイヤリティ マーケティング、STOCK POINTと提携してPontaポイントの運用サービスを開始

ロイヤリティ マーケティングは、2019年4月9日(火)より、STOCK POINTと連携して個別株などに連動したポイント投資サービス「Pontaポイント運用」を開始すると発表した。 Pontaポイン ...

続きを見る

Pontaポイント運用サービスは、引き出す際に5%の手数料が発生したり、全額引き出すことが難しい。Pontaポイントを運用するのであればauのポイント運用サービスの方がおすすめだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース