クレジットカード特集 コラム 共通ポイント 電子マネー

楽天ペイのチャージで気をつけることとは? Suica残高と楽天キャッシュは別

2020年5月25日

2020年5月25日(月)より、楽天ペイ(アプリ決済)でSuicaの新規発行やチャージができるようになった。

楽天の「赤いSuica」が発行開始 楽天カードでチャージ時に0.5%の楽天ポイントを獲得可能

楽天ペイメントとJR東日本は、2020年5月25日(月)より、「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行やチャージができ、鉄道やバス、交通系ICカードの利用可能店舗でSuicaの支払いに対応した。 対 ...

続きを見る

楽天ペイ(アプリ決済)と言えば、アプリに表示されたバーコードやQRコードを読み取ってもらったり、提示されたQRコードをアプリで読み取るなどで支払う事ができるスマホ決済サービスだが、新たにタッチするだけで支払う事ができるSuicaの機能を搭載した。

鉄道や素早い支払いはSuicaで支払い、美容院などではコード決済で支払うと言うような使い方ができるようになった。

楽天のSuicaに楽天カードからチャージする際、200円につき楽天ポイントを1ポイント貯められるサービスも開始。もちろん、楽天ペイで新規発行したSuicaでもJRE POINTに登録する事もできるため、JR東日本の電車に乗車すると2%のJRE POINTも獲得できる。

なお、このSuica残高はあくまでもSuicaでしか利用する事はできない。Suica残高にチャージしたからと言って、楽天ペイ(アプリ決済)の残高として利用する事はNGだ。

楽天ペイ(アプリ決済)でも事前チャージする事が可能だが、楽天ペイ(アプリ決済)にチャージするときには楽天キャッシュへのチャージとなる。楽天キャッシュとSuica残高は全く互換性がなく、楽天キャッシュからSuicaチャージもできない。

楽天ペイ(アプリ決済)を利用している人にとっては、楽天キャッシュへのチャージで間違うわけがないと思われるかもしれないが、実際のチャージ画面はよく似ている。

楽天ペイ(アプリ決済)でチャージする際にはどこにチャージするかを確認しよう

楽天ペイのSuicaメニューから「チャージ」を選択すれば「Suicaへのチャージ」となり、楽天ペイから「+」のチャージを選択すれば「楽天キャッシュへのチャージ」となる。Suicaにチャージしていると思って、楽天ペイ(アプリ決済)にチャージしているなんてことも出てきそうなので、チャージする時には「Suicaへのチャージ」なのか「楽天キャッシュ」へのチャージなのか良く確認することにしよう。

なお、開始時点では楽天ポイントからSuicaへのチャージはできない。今後、楽天ポイントからSuicaへのチャージサービスも導入予定となっている。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
菊地崇仁

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム, 共通ポイント, 電子マネー
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース