You Are Here: Home » コラム » JAL利用者はau PAY+au PAY カード+Pontaカードでマイルがザクザク!? auのポイントがdポイントに交換も可能

JAL利用者はau PAY+au PAY カード+Pontaカードでマイルがザクザク!? auのポイントがdポイントに交換も可能

JAL利用者はau PAY+au PAY カード+Pontaカードでマイルがザクザク!? auのポイントがdポイントに交換も可能

au PAY カードが誰でも保有でき、au PAY チャージでも1%還元に

従来、au PAY カード(旧au WALLET クレジットカード)やau PAY ゴールドカード(旧au WALLET ゴールドカード)からau PAY残高にチャージする際、クレジットカードでのチャージ時には200円につき1ポイントの獲得となっていた。

2020年5月21日(木)以降、au PAY残高へのチャージで獲得できるポイントが200円につき2ポイントと1%還元に変更となった。そのため、Mastercardで還元率が1%以上のクレジットカードを探し、au PAY残高チャージでもポイントが貯まるクレジットカードを探す必要がなくなった。

また、au PAY カードの年会費も変更となり、au利用者以外の場合は1,250円(税抜)だったが、au利用者以外でも初年度無料、2年目以降はショッピング利用が1回でもあれば無料と実質無料で利用できるクレジットカードに変更された。

さらに、2020年6月23日(火)以降は、au PAY カードでの決済時には200円につき2ポイントが100円につき1ポイントに変更される。同じ1%還元でも、端数が少なくなる分、改善となる。

ローソンでau PAYやau PAY カードを利用すると最大12%還元に

2020年6月1日(月)以降は、ローソンでau PAY、au PAY カードの特典が強化され、au PAYカード決済の場合は5%還元、au PAY決済の場合は4%還元となる。au PAYにau PAY カードからチャージすれば+1%のため、au PAYでもau PAYカードを保有していれば5%還元だ。もちろん、Pontaカードを提示すると最大1%のPontaポイントも貯めることができる。ただし、2020年7月7日(火)以降は、ローソンでのPontaポイント・dポイントの付与率が変更となる。

3のつく三太郎の日(毎月3日・13日・23日)では、ローソンでau PAYやau PAY カードで支払うと誰でも8%還元に、au利用者の場合は11%還元になるサービスも開始する。Pontaカード提示すると誰でも最大9%還元、au利用者の場合は最大12%還元だ。

ローソンでのdカード 5%(dポイントカード提示の1%+dカード決済の1%+請求時3%OFF)を上回るポイント還元を行うことで、ローソン=Ponta+auのイメージを植え付ける戦略だろう。

出前館とピザハットで10%還元キャンペーンも

新型コロナウイルス感染拡大の影響でデリバリーサービスが伸びている。このデリバリーサービスでもキャンペーンを実施する。

2020年6月15日(月)~9月13日(日)までの間、出前館とピザハットで、au PAY カードを利用して決済すると、Pontaポイントが10%貯まる。期間中のポイント上限は1 auIDにつき2,000ポイント/月だ。

auで貯めたPontaポイントをdポイントに交換できる!

なお、au PAYなどでPontaポイントがザクザク貯まるようになったのだが、合算されたPontaポイントは通常のPontaポイントとなっている。

つまり、100 Pontaポイントを100 dポイントに交換することも可能だ。JAL⇒エムアイポイント⇒ANA等のように、JALから交換されたエムアイポイントはANAに交換できないと言ったような制限は今のところかかっていない。

そのため、auで貯めたPontaポイントを、dポイントに交換し、日興フロッギーでdポイントを使った株式投資に利用する事も可能だ。

また、auで貯めたPontaポイントをJALのマイルに交換することもできる。JALマイラーには非常においしい提携だろう。

auのPontaポイントがJALのマイルに交換できる

Pontaポイント⇒JALのレートアップキャンペーンは定期的に行われているため、そのタイミングでJALマイルへと移行するのが良いだろう。

au WALLETポイントからPontaポイントに移行されるタイミングで、dポイントなどへの交換については制限がかかる物と考えていたが、良い意味で裏切られた。

KDDIとしては、痛いところを突かれたと思っているかもしれないが、先行する楽天ポイントやTポイントなどを追う状況では、あまりポイントに制限をかけない方が利用者が増えるはずだ。

最初はdポイントに交換する人も出てくるとは思うが、現状のままで制限をかけずにau・Pontaの経済圏で消費されるようなサービスにしていく方が良いだろう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1098

© 2013 ポイ探

Scroll to top