QRコード・バーコード

「茶割」で使えるオリジナル電子マネー「Chash(チャッシュ)」が開始

お酒のお茶割りの魅力を伝えている「茶割」では、2020年5月より「茶割」で使えるオリジナル電子マネー「Chash(チャッシュ)」を開始した。

「Chash(チャッシュ)」は茶割で使える茶割専用の電子マネーで、専用のアプリをダウンロードし、利用金額をチャージして利用する。「Chash(チャッシュ)」では、専用端末(「ペイレジ」)から現金を入金またはクレジットカードからチャージし、支払い時にQRコードをスマートフォンにかざすだけで決済が完了する。なお、他のサイトで発行した紙の食事券を「Chash」に移管することも可能だ。

「Chash」はポケットチェンジ社のオリジナル電子マネー発行プラットフォーム「ポケペイ」を利用して作られており、ポケペイが無料提供しているSDKを自社アプリに組み込むだけで自社アプリでもオリジナル電子マネーの発行が可能となる。申込後、簡単な審査などがあり、1~2週間程度で自社アプリに組み込み可能だ。QRコードを利用したコード決済以外にも、スマホタッチ決済などにも対応できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , , ,

© 2020 ポイ探ニュース