クレジットカード プリペイドカード 電子マネー

マイナポイント、登録キャッシュレス決済サービス事業者を公表 楽天カードや三井住友カードなども対象に

2020年4月30日

2020年9月から実施予定のマイナポイント事業に登録されたキャッシュレス決済事業者が2020年4月28日(火)に発表された。既に2月19日(水)に第1段が発表されている。

マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表

総務省が実施する「マイナポイント事業」では、2020年2月19日(水)にキャッシュレス決済登録事業者を発表した。 マイナポイント事業は、9月から実施予定のポイント還元制度となり、事前にマイナンバーカー ...

続きを見る

2020年7月より「マイナポイント」の申込受付が開始し、対象のキャッシュレス事業者を選択する。9月以降に登録したキャッシュレス事業者のキャッシュレス決済を利用すると、利用した金額の25%またはチャージ金額の25%が上乗せされる仕組みだ。上限は20,000円に対して5,000円分のポイントまで。

キャッシュレス事業者を選択するにはマイナンバーカードが必要だ。マイキープラットフォームの登録やマイナポータルの利用が必要となるため、7月以前にマイナンバーカードの取得やマイキーIDなどの取得が必要だ。

ICOCAポイント、オリコポイント、エポスポイント、ゆうちょPay、はやかけんポイント、ペコママネー、majicaポイント、ほぺたんカード、μスターポイント、Kyashポイント、Kitacaチャージ、マナカチャージ、littaプレミアム、マイナプレミアム、楽天ポイント、smile money、ベニカマネーTOICA、万惣カードチャージ、nimocaポイント、JRキューポ、たんばコイン、nicopiマネー、PASMOポイント、ワールドプレゼント(三井住友カード、三重銀カード、青森銀行VISAカード<aomo>、京葉銀VISAカード、中部しんきんカード、東京カード、つくばバンクカード、りそなカード、いわぎんVISAカード、道銀VISAカード、むさしのVISAカード、九州カード、東邦VISAカード、スルガカード、しんきんカード、OnlyOneVISAカード、三井住友トラストカード、みなとカード、北陸Visaカード/プラチナカード、荘銀ブライトワンVisa、北都ブライトワン、やまぎんカード、あきぎんVISAカード、おきぎんVISAカード、七十七カード/プラチナカード、九州しんきんVisaカード、IYOCA BC、いよぎんBANKCARD、ちくぎんマルチナVISAカード)、エフカマネーチャージ、EPiCA、マルカマネー、東急ポイント、WAON、マリカポイント、おさいふHippo、ハッピーポイント、LaCuCaマネーが新たに登録された。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-クレジットカード, プリペイドカード, 電子マネー
-, , , , ,

© 2020 ポイ探ニュース