コラム 共通ポイント

PayPayの「ボーナス運用」でデイトレ! 他社のポイント運用との違いは?

2020年4月23日

PayPayボーナスでの「ボーナス運用」が開始し、筆者も使ってみている。

PayPayボーナスで疑似運用を開始してみた! 追加から引出までを実施! PayPayの狙いとは?

目次1 PayPayの「ボーナス運用」とは?2 PayPayボーナスでの「ボーナス運用」開始!3 PayPayボーナスを「ボーナス運用」から引き出し!4 PayPayの狙いとは? PayPayの「ボー ...

続きを見る

他社のポイント運用サービスと「ボーナス運用」の違いは、全てリアルタイムに動くところだ。通常のポイント運用は、ポイントの追加や引出は1日1回などの制限がある。

例えば、au WALLETポイントの運用サービスの場合、営業日13:00までにポイントを追加すると、運用開始されるのは3営業日後の12:00以降となる。金曜日の13:00までに運用ポイントに追加すると、水曜日12:00から運用が開始し価格の変動が始まる。

au WALLETポイント運用の追加スケジュール(auのサイトより)

営業日13:00までに引出を行うと、2営業日後の基準価格で引出時のポイント数が確定し、その翌営業日13:00以降にau WALLETポイントに反映する。

au WALLETポイント運用の引出スケジュール(auのサイトより)(確定は筆者追加)

このように、ポイントの追加や引出は手続をしてから数日かかることになる。これは、実際に投資信託を購入しているためのスケジュールだろう。

しかし、PayPayの「ボーナス運用」はデイトレのように、追加したPayPayボーナスが刻々と変動していく。本日は10:40にチャレンジコースで運用開始し18:59に売却。一度、売却時に2,289円だったが、数分後に2,290円になったタイミングで引き出した。

PayPayのポイント運用でデイトレ

8時間ちょっとで112円のプラスだ。さらに、疑似運用サービスのため売却(引出)時に税金が引かれないため、112円分のPayPayボーナスを獲得できる。もちろん、PayPayボーナスはチャージする事ができないため、原資は非常に少ない。それでも、株式投資の疑似体験としては面白いサービスだ。

今後、PayPayが実際の投資を始めるのであれば、投信の購入よりも株の購入やFX(外国為替証拠金取引)でPayPayマネーを利用できるサービスの方が可能性は高そうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-コラム, 共通ポイント
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 ポイ探ニュース