QRコード・バーコード

LINE Pay、JPQRの対応範囲を拡大 MPM方式にも対応

LINE Payは、2020年4月9日(木)より、総務省が推進するJPQRの対象範囲を拡大すると発表した。

LINE Payでは、2019年8月より総務省が推進する統一QR「JPQR」を採用しているが、消費者のスマートフォンアプリに表示されたバーコードやQRコードを読み取ってもらう方式(CPM方式)のみ対応してきた。

4月9日(木)以降は、店舗に設置したQRコードを消費者側が読み取る方式(MPM方式)にも対応し、JPQR導入店舗では、LINE Payアプリで読み取ると支払う事が可能となった。

LINE Payで支払った場合は、前月の利用実績に応じて0.5~2%のLINEポイントを獲得できる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, , ,

© 2020 ポイ探ニュース