QRコード・バーコード

TakeMe Pay、アジア6カ国79の決済サービスを追加

TakeMeが店舗向けに提供する端末不要のマルチ決済サービス「TakeMe Pay」では、2020年3月2日(月)より、世界最大の決済ネットワークを運営するRapyd社とのサービス提携を開始した。

Rapyd社との提携により、TakeMe Payが既に国内で利用可能な国際カードブランド、国内QR決済、中国系決済の20種類に加えて、アジア6カ国(インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポール)で利用されている79種の決済サービスが追加された。

2020年には東京五輪、2025年の大阪万博を控え、特定の国に依存しないインバウンド対応が必要となり、中国や韓国以外の訪日外国人にも対応する事が可能だ。

店舗は専用端末不要で、QRコードだけで導入する事ができる。消費者は利用している決済アプリからQRコードを読み取る事で支払が可能だ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード
-, ,

© 2020 ポイ探ニュース