クレジットカード特集 コラム

CICの情報開示で「クレジット情報」を51件以上取得する方法とは?

先日、CICの情報開示を行った。「信用情報開示報告書」の「クレジット情報」には1枚1枚のカード情報が掲載されている。一番下の入金状況を確認することで、延滞がないか等を確認することができる。

もし、クレジットカードの審査やローンの審査が通らない場合は、延滞履歴などがある可能性があるので、ローンの申請前には情報を確認しておいた方が良いだろう。

このクレジット情報はカード等が1件1件表示されており、筆者の場合は「1/50件目」となっている。しかし、筆者は90枚以上のクレジットカードを保有しているがいつも50件だ。

この50件の制限はCICのサイトにも書かれており、クレジット情報・申し込み情報・利用記録ともそれぞれ50件までしか確認することができない。

では、50件を超えたカード情報を確認する方法があるのだろうか。また、表示されている50件はどのような順序で表示されているのだろうか。

CICに電話をして確認したところ、情報開示から2ヵ月以内に連絡すれば50件を超えるデータを調べることができるとのこと。ただし、問い合わせた翌日に電話があったが本日中に回答するのが難しいと言う事で来週中の回答という事になった。51件以上の開示をする人がいないと言う事だろうか。

1週間後に電話があり、51件以上のデータ開示方法について案内があった。会社名、契約内容、返済内容などの簡単なデータで良ければ手作業で一覧を作成するため、1~2ヵ月程度必要とのこと。信用情報開示報告書と同じようなフォーマット(全く同じ物ではない)での作成となると、2倍の2~4ヵ月程度必要とのことだ。なお、作成が終わった後には、本人限定郵便で送付される。

どのような順番で掲載されているのかを確認したところ、カードの利用情報の更新などがあれば順番が変わるため、取得タイミングによっては順番が変わるようだ。今回は簡易版で依頼したが、51件以上のデータを毎回取得するのは諦めた方が良さそうだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

-クレジットカード特集, コラム
-, , , ,

© 2021 ポイ探ニュース