You Are Here: Home » コラム » 20%還元のインパクトにだまされるな! ”還元額”を確認しよう!

20%還元のインパクトにだまされるな! ”還元額”を確認しよう!

20%還元のインパクトにだまされるな! ”還元額”を確認しよう!

○○ペイの登場で出てきた20%還元競争。数字のインパクトは非常に大きく、一気にPayPayの知名度が上がっただろう。さらに政府が2020年9月から行う予定のマイナポイント制度は25%還元と、20%以上が当たり前になってきている。

例えば、au PAYが実施している20%還元は、1日当たりの上限が6,000円と縮小されたが、期間中合計で最大70,000円分おトクになる。350,000円までの買い物が対象となるため、大きなニュースともなっている。

この○%還元で注意しなければならないのが還元上限だ。

イオン銀行は2020年3月1日(日)からイオンカード利用で最大20%還元のキャンペーンを実施する。クレジットカードで20%は非常に大きいが、還元上限は5,000円だ。つまり、25,000円までの買い物が対象となり、それ以上利用したとしても5,000円還元が最大となる。

ソニー銀行は、2020年2月25日(火)からソニーカードに入会すると期間中に35,000円(税込)以上の利用で5,000円キャッシュバックされるキャンペーンを実施。

イオン銀行は今流行の20%還元を前面に出し、ソニー銀行は5,000円キャッシュバック。おトク度に違いがありそうに見えるが、最大の還元額は同じであることを理解しておこう。もちろん、ソニー銀行の5,000円キャッシュバックは35,000円以上利用する必要があり、イオンカードの場合は10,000円の利用でも20%が還元される違いはある。

楽天カードの場合は、新規入会で2,000ポイント、カードを初回利用し口座振替の設定を行うと3,000ポイントを獲得でき合計5,000ポイント獲得可能だ。カード利用条件は1円以上から。この場合、25,000円未満の利用時には楽天カードの新規入会特典が一番おトクと言う事だ。

利用金額 イオンカード ソニーカード 楽天カード
1円 5,000円分
5,000円 1,000円分
10,000円 2,000円分
15,000円 3,000円分
20,000円 4,000円分
25,000円 5,000円分
30,000円
35,000円 5,000円分
40,000円

政府のマイナポイントの還元率は25%と紹介したが、上限は5,000円分のポイントまで。つまり、20,000円を超えるような利用があったとしても、5,000円が最大となる。

○%還元と言うインパクトに惑わされず、いくら利用すれば何円分のポイントが戻ってくるかをしっかり考えてキャンペーンを利用するようにしよう。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1044

© 2013 ポイ探

Scroll to top