プリペイドカード

新しいKyash Cardが発行開始 ICチップ+Visaのタッチ決済が搭載

Visaプリペイドカード「Kyash」では、2020年2月25日(火)より、新たなKyash Cardの発行を開始した。

KyashはVisaのプリペイドカードの機能だが、クレジットカードを紐付けることで、クレジットカードのポイントとKyashポイントを獲得できるカードとなる。

新Kyash Cardは、ICチップが搭載され、4桁のPIN番号を入力することで決済可能となる。また、Visaのタッチ決済も搭載され、ローソンやマクドナルドなどの加盟店でカードをタッチするだけで支払う事ができるようになる。2020年6月から全国のセブン-イレブンでも対応し、東京五輪会場でも利用できる支払方式だ。

1回当たりの上限が30万円となり、1ヵ月あたりの決済上限も100万円になるなど、使い勝手も良くなるが、発行手数料が900円(税込)必要だ。また、還元率が1%だが、12万円を超えた金額についてはポイント付与がないので注意が必要だ(クレジットカードのポイントは獲得可能)。

カード券面はシルバー、ネイビー、ピンクの3種類。アカウントタブから申し込みができる。

なお、従来のKyash CardはKyash Card Liteと名称が変更となり、2020年4月1日(水)以降の還元率は1%から0.5%にダウンする。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-プリペイドカード
-, , ,

© 2022 ポイ探ニュース