You Are Here: Home » クレジットカード » マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表

マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表

マイナポイント事業のキャッシュレス決済登録事業者が発表

総務省が実施する「マイナポイント事業」では、2020年2月19日(水)にキャッシュレス決済登録事業者を発表した。

マイナポイント事業は、9月から実施予定のポイント還元制度となり、事前にマイナンバーカードで設定したマイキーIDと決済サービスを紐付けることで、紐付けた決済サービスを利用すると最大5,000円分のポイントを獲得できる制度となる。

還元率は25%で、2万円分利用またはチャージすると上限の5,000円分のポイントを獲得できる。

2月19日(水)時点では、FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa(コジカ)、りそなウォレットサービス(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行)、PayPay、nanaco、LINE Pay、WAON、楽天ペイ(アプリ決済)、Bibica、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカードが本登録された。

なお、キャッシュレス決済事業者の登録申請は3月末まで受け付けており、今後も対象決済事業者が増える予定だ。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7817

© 2013 ポイ探

Scroll to top