You Are Here: Home » コラム » クレジットカード特集 » 三井住友カード プラチナのVisaカードが到着! 今までのカードにあったあれがない?

三井住友カード プラチナのVisaカードが到着! 今までのカードにあったあれがない?

三井住友カード プラチナのVisaカードが到着! 今までのカードにあったあれがない?

先日、三井住友カード プラチナのMastercardが到着した。MastercardブランドとVisaブランドの両方が同時に送られてくると思っていたが、到着したのはMastercardのみ。

今回はVisaブランドのカードが到着したので紹介したい。

Visaブランドは「Visaクイックリード」デザインが採用

Mastercardデザインは、裏面に移動したクレジットカード番号は従来通り横一直線だったが、Visaブランドの場合は「Visaクイックリード」デザインが採用されている。

4桁の番号が横一列ではなく、4桁の数字が縦4行で構成されているのが特徴だ。数字も比較的大きく、ネットショッピングなどで入力する時に読みやすい。

Visaブランドは「Visaのタッチ決済」が搭載

また、Visaブランドのみ「Visaのタッチ決済」が搭載されている。Visaのタッチ決済は、ローソンやマクドナルドなどの対応している加盟店以外では利用できない支払方法だが、カードを渡したり、端末に刺したりせずに、かざすだけで支払う事ができる。

カード番号や有効期限がカードの後ろに移動したため、カードをかざすときにもカード番号を見られる心配もない。

Visaブランドは「VISA」のロゴがホログラムに

通常のVisaカードでは、カード券面にホログラムがついている。しかし、動画でも紹介したように、Visaブランドの場合はVisaのロゴ自体がホログラムになっている。

動画でも解説したが、最近はJCBやダイナースの場合は、磁気ストライプの部分がホログラムになっている。

しかし、Visaブランドで通常のホログラムが消えて、ロゴ自体がホログラムになっているというのは国内では初めてではないだろうか。

ブラックライトで「V」が浮かび上がる

新券面が到着すると、カード券面にブラックライト(紫外線)を当てることを行っているが、三井住友カード プラチナのVisaブランドにも当ててみることにした。

ちなみに、Mastercardブランドは「M C」の文字が浮かび上がったが、Visaブランドの場合は「V」の文字が浮かび上がる。

これは、他のVisaカードも同じ仕様となっているが、新デザインのVisaロゴでも従来通りのセキュリティ対策が施されていることがわかる。

今回の三井住友カードの変更は特典が変わったわけではなく、券面のみが変わっている。従って、今回紹介したのは新しくなった券面のみ紹介した。

今後、ワールドプレゼントのポイントプログラムが変更となるため、変更となり次第紹介していきたい。

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 1044

© 2013 ポイ探

Scroll to top