You Are Here: Home » ポイントプログラム » 神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」、小田原市でプレサービス開始

神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」、小田原市でプレサービス開始

神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」、小田原市でプレサービス開始

カヤックは神奈川県、小田原市と連携し、同社が開発したコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を活用した神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」を2020年夏から本格開始する。

本格開始前に、2020年2月24日(月)より、小田原駅周辺および早川地区でプレサービスを開始する。事前に「まちのコイン」アプリをダウンロードし、「人と人がつながること」「地域と人がつながること」「地域によいこと」に関するイベントへの参加や行動をすることで「おだちん(小田原のポイントの単位)」を獲得することができる。

獲得した「おだちん」は、店舗などでSDGsに関する取り組みにつながるサービスや商品などと交換することが可能だ。

なお、2019年11月から12月にかけて鎌倉市で行われたSDGsつながりポイント事業の実証実験では、約800人が参加し、ビーチクリーンなどの活動やフードロス対策などを行った。参加者向けの事後アンケートとして「SDGsに関する活動や地域活動に参加しやすくなった」「SDGsの達成や地域に貢献したいと以前よりも思うようになった」などの意見があった。

About The Author

ポイ探編集部

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

Number of Entries : 7632

© 2013 ポイ探

Scroll to top