QRコード・バーコード

ヤンマースタジアム長居でPayPayの利用が可能に

プロサッカークラブ「セレッソ大阪」の本拠地である「ヤンマースタジアム長居」では、2020年2月22日(土)の大分トリニータ戦からスマホ決済サービスのPayPayを導入する。

ヤンマースタジアムの場内店舗、セレッソバル(場外店舗)、客席販売員(売り子)、当日チケット販売、グッズ販売などでPayPay決済の利用が可能だ。

サッカースタジアムや野球場などではコード決済サービスの導入が行われており、楽天生命パーク宮城やノエビアスタジアム神戸では楽天ペイ(アプリ決済)が、カシマスタジアムではメルペイの利用ができる。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ポイ探編集部

POITAN

ポイント探検倶楽部 (ポイ探) は、企業のポイントプログラムに関する情報をまとめた 日本初 の「ポイントプログラムのポータルサイト」です。 エアラインや家電量販店、ケータイ、ネット通販、コンビニ、クレジットカード……など、企業や業種の枠を超えて網の目のように広がるポイント交換サービスを体系的にまとめ、ユーザーがポイントを効率よく集めるためのサポートをしていきます。

-QRコード・バーコード

© 2020 ポイ探ニュース