You Are Here: Home » クレジットカード » 年会費無料で電子マネーに強いクレジットカード SoftBankカード、楽天カード、リクルートカード比較

年会費無料で電子マネーに強いクレジットカード SoftBankカード、楽天カード、リクルートカード比較

年会費無料で電子マネーに強いクレジットカード SoftBankカード、楽天カード、リクルートカード比較

クレジットカードを選ぶときに重要なのは、まずポイントの利用先がどうなっているかだ。還元率が高くてもポイントの使い道がない場合は、そのポイントは貯めるべきではない。確実に使えるポイントということがわかれば、次に考えるのは還元率となる。同じポイントを貯めるのでも、クレジットカードによって貯まるポイント数が異なる場合もある。

例えば、Tポイントを貯めると決め、ファミマTカードをメインカードにしたとしよう。ファミマTカードはショッピング利用200円につき1 Tポイントとなる。しかし、Yahoo! JAPAN JCBカードはショッピング利用100円につき1 Tポイントを貯められる。クレジットカードを変更するだけで貯めるポイントが2倍になるのだ。

ポイントの使い道と、そのポイントを効率良く貯めるクレジットカードを選ぶことができればメインカードはほぼ決定するだろう。最後に考えるのは電子マネーへのチャージでポイントが貯まるかどうかだ。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードの場合、電子マネーへのチャージでポイントを貯め、電子マネーの利用でもポイントを貯めることができる。クレジットカードで支払う、または現金チャージした電子マネーで支払うよりもおトクということがわかるだろう。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まるかどうかは、国際ブランドも影響してくる。例えば、楽天カードはnanacoへのチャージでポイントが貯まるのはJCBブランドのみ。リクルートカードで楽天Edyにチャージしてポイントが貯まるのはVisaブランドのみとなる。

メインカードが決まり、国際ブランドを選べる場合は、電子マネーチャージでポイントが付くかどうかも検討しよう。年会費無料で還元率が1%程度の楽天カードリクルートカードSoftBankカードで電子マネーチャージでポイントが貯まるかどうかを表にした。

券面 リクルートカード SoftBankカード
クレジットカード 楽天カード リクルートカード SoftBankカード
ポイント 楽天スーパーポイント Pontaポイント
(リクルートポイント)
SoftBankマネー
ポイント付与率 100円で1ポイント 100円で1.2ポイント 100円で1ポイント
1ポイントの価値 1円 1円 0.97円
楽天Edy
(200円で2ポイント)

(Visaのみ)
nanaco
(JCBのみ)
モバイルSuica
au WALLET
(Visaのみ、auかんたん決済利用時)

楽天カードを選ぶ場合はJCBブランド、リクルートカードの場合はVisaブランドを選ぶと良い(Visaブランドでもnanacoチャージでポイント獲得が可能になった)。SoftBankカードの場合は国際ブランドによる違いはない。

既にクレジットカードを保有していて国際ブランドを変更した場合は、楽天カードSoftBankカードの場合はクレジットカードの切り替えが必要だ。クレジットカード番号も変わることになる。ただし、リクルートカードの場合は、リクルートカード(JCB)リクルートカード(VISA)の2枚持ちが可能となっている。年会費が2,000円+税で還元率の高いリクルートカードプラスをメインカードにしている場合、楽天Edyへのチャージ用にリクルートカード(VISA)も別途申し込むことができる。

クレジットカード選びは、ポイントの使い道、還元率に加え、電子マネーチャージでポイントが貯まるかどうかも重要となる。一度、保有カードが電子マネーへのチャージでポイントが付くかどうかを確認して欲しい。

[楽天カード] [リクルートカード(VisaJCB)] [SoftBankカード]

About The Author

菊地崇仁

1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

Number of Entries : 934

© 2013 ポイ探

Scroll to top